データ分析

【共同通信杯(G3)】2020 過去10年データ分析レース傾向 予想

第54回 共同通信杯(G3) 2020

2020/2/16(日)東京競馬場で行われるのは、クラシックの登竜門。第54回共同通信杯(芝1800m)。日本ダービーが行われる東京コースですが、近年では皐月賞へと直結する傾向に。今年も有力馬が揃いました。クラシックはもうすぐそこ。まずは過去10年の傾向をチェック。

共同通信杯 2020 データ分析予想

共同通信杯 データ [枠/馬番/脚質別の傾向]

比較的内目の枠が好成績で、1枠は連対率40%。脚質別では先行馬に注目。

枠番別の傾向

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 3 1 0 6 30% 40% 40%
2枠 1 2 0 7 10% 30% 30%
3枠 1 1 0 9 9% 18% 18%
4枠 1 1 5 6 8% 15% 54%
5枠 3 1 0 11 20% 27% 27%
6枠 0 1 2 14 0% 6% 18%
7枠 1 2 2 14 5% 16% 26%
8枠 0 1 1 16 0% 6% 11%

馬番別の傾向

馬番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番 3 1 0 6 30% 40% 40%
2番 1 2 0 7 10% 30% 30%
3番 1 1 0 8 10% 20% 20%
4番 1 1 3 5 10% 20% 50%
5番 0 0 2 8 0% 0% 20%
6番 2 1 2 5 20% 30% 50%
7番 1 1 0 8 10% 20% 20%
8番 1 2 1 5 11% 33% 44%
9番 0 1 0 8 0% 11% 11%
10番 0 0 1 8 0% 0% 11%
11番 0 0 0 7 0% 0% 0%
12番 0 0 0 5 0% 0% 0%
13番 0 0 1 2 0% 0% 33%
14番 0 0 0 1 0% 0% 0%

脚質別の傾向

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0 2 1 8 0% 18% 27%
先行 6 4 7 17 18% 29% 50%
差し 2 4 1 25 6% 19% 22%
追込 2 0 1 33 6% 6% 8%

共同通信杯 データ [単勝人気馬の傾向]

過去10年の共同通信杯における単勝人気別の成績を見てみると、1~3番人気の信頼度がかなり高く、7番人気以下は連対ゼロ。

単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1 3 2 4 10% 40% 60%
2番人気 2 2 1 5 20% 40% 50%
3番人気 4 2 2 2 40% 60% 80%
4番人気 1 0 2 7 10% 10% 30%
5番人気 0 1 1 8 0% 10% 20%
6番人気 2 2 0 6 20% 40% 40%
7番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
8番人気 0 0 0 9 0% 0% 0%
9番人気 0 0 1 8 0% 0% 11%
10番人気 0 0 1 8 0% 0% 11%
11番人気 0 0 0 7 0% 0% 0%
12番人気 0 0 0 5 0% 0% 0%
13番人気 0 0 0 3 0% 0% 0%
14番人気 0 0 0 1 0% 0% 0%

共同通信杯 データ [払戻金別の傾向]

大半が順当決着と言う訳ではなく、2011、2016、2018年は1、2番人気が敗退。意外と好配当も。

開催年 上位3頭の人気 馬連払戻金 3連複払戻金 3連単払戻金
2010年 3-2-1人気 1440円 590円 6750円
2011年 3-6-5人気 2090円 5690円 30970円
2012年 2-1-3人気 210円 640円 3790円
2013年 4-2-9人気 1140円 16010円 79330円
2014年 1-3-2人気 680円 740円 3190円
2015年 3-1-4人気 710円 2380円 10870円
2016年 6-5-3人気 9650円 10020円 98880円
2017年 2-6-1人気 3410円 2260円 16620円
2018年 6-3-10人気 5080円 77670円 566290円
2019年 3-1-4人気 330円 390円 2170円

共同通信杯 データ [ステップ別の傾向]

同舞台の東スポ杯2歳S組、セントポーリア賞組が優秀。

ステップレース 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
ホープフルS 2 1 2 6 18% 28% 46%
東スポ2歳S 2 1 1 2 33% 50% 67%
ラジオNIKKEI 1 1 1 3 17% 33% 50%
朝日杯FS 0 3 0 3 0% 50% 50%
京成杯 0 0 3 11 0% 0% 21%
ジュニアC 1 0 0 3 25% 25% 25%
ひいらぎ賞 1 0 0 0 100% 100% 100%
セントポーリア賞 0 2 0 0 0% 100% 100%
新馬 1 1 0 5 14% 29% 29%
未勝利 0 0 0 12 0% 0% 0%

共同通信杯 データ [前走着順別の傾向]

クラスを問わず、前走1着馬が強い。

前走着順 1着 2着 3着 4着以下
1着 6 4 3 29
2着 3 3 1 8
3着 1 2 3 4
4着 0 0 0 4
5着 0 0 0 8
6~9着 0 1 1 20
10着~ 0 0 2 10

共同通信杯 データ [キャリア別の傾向]

キャリア3、4戦馬が好成績。

キャリア 1着 2着 3着 4着以下
1戦 1 1 0 6
2戦 1 2 4 15
3戦 3 4 3 22
4戦 4 1 2 14
5戦 0 1 0 8
6戦 1 0 1 11
7戦 0 0 0 2
8戦 0 1 0 2
9戦 0 0 0 3
10戦~ 0 0 0 0

共同通信杯 データ [性別の傾向]

牝馬がここを使うことは皆無。

性別 1着 2着 3着 4着以下
牡・セン 10 10 10 80
0 0 0 3

共同通信杯 データ [所属別の傾向]

すべての率で関西馬が優勢。地方所属馬は手が出ない。

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 6 5 6 51 9% 16% 25%
関西 4 5 4 27 10% 23% 33%
地方 0 0 0 5 0% 0% 0%

共同通信杯 データ [種牡馬別の傾向]

種牡馬別ではディープインパクトが最多の3勝。

種牡馬 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 3 3 6 15 11% 22% 44%
ハーツクライ 1 0 0 3 25% 25% 25%
キングカメハメハ 0 1 1 3 0% 20% 40%
ダイワメジャー 0 1 0 2 0% 33% 33%
ブラックタイド 0 0 0 2 0% 0% 0%
ハービンジャー 0 0 0 2 0% 0% 0%

共同通信杯 データ [血統別の傾向]

  着順 馬名 種牡馬 母父馬
2019年 1着 ダノンキングリー ディープインパクト Storm Cat
  2着 アドマイヤマーズ ダイワメジャー Medicean
  3着 クラージュゲリエ キングカメハメハ タニノギムレット
2018年 1着 オウケンムーン オウケンブルースリ エリシオ
  2着 サトノソルタス ディープインパクト Petionville
  3着 エイムアンドエンド エイシンフラッシュ サンデーサイレンス
2017年 1着 スワーヴリチャード ハーツクライ Unbridled'sSong
  2着 エトルディーニュ エイシンサンディ オペラハウス
  3着 ムーヴザワールド ディープインパクト Sadler'sWells
2016年 1着 ディーマジェスティ ディープインパクト ブライアンズタイム
  2着 イモータル マンハッタンカフェ Acatenango
  3着 メートルダール ゼンノロブロイ SilverHawk
2015年 1着 リアルスティール ディープインパクト StormCat
  2着 ドゥラメンテ キングカメハメハ サンデーサイレンス
  3着 アンビシャス ディープインパクト エルコンドルパサー
2014年 1着 イスラボニータ フジキセキ Cozzene
  2着 ベルキャニオン ディープインパクト フレンチデピュティ
  3着 サトノアラジン ディープインパクト StormCat
2013年 1着 メイケイペガスター フジキセキ ブライアンズタイム
  2着 ゴットフリート ローエングリン サンデーサイレンス
  3着 マイネルストラーノ ディープインパクト ブライアンズタイム
2012年 1着 ゴールドシップ ステイゴールド メジロマックイーン
  2着 ディープブリランテ ディープインパクト LoupSauvage
  3着 スピルバーグ ディープインパクト Lycius
2011年 1着 ナカヤマナイト ステイゴールド カコイーシーズ
  2着 ユニバーサルバンク ネオユニヴァース ドクターデヴィアス
  3着 ディープサウンド ディープインパクト Danehill
2010年 1着 ハンソデバンド マンハッタンカフェ アフリート
  2着 ダノンシャンティ フジキセキ MarkofEsteem
  3着 アリゼオ シンボリクリスエス フジキセキ

共同通信杯 2020 データ分析まとめ

データ分析した傾向をまとめてみます。

単勝人気別の傾向から
→1~3番人気の信頼度が高い。7番人気以下は連対なし。

ステップ別の傾向から
→同舞台の好走組不在なら、どこからでも。

前走着順別の傾向から
→クラスを問わず、前走1着馬が好成績。

キャリア別の傾向から
→3・4戦が望ましい。

この傾向から注目したい馬を3頭ピックアップ!

注目馬①/マイラプソディ/牡3

3戦3勝と負け知らず。人気通りに。

注目馬②/ダーリントンホール/牡3

キャリア3戦。重賞3着と実績も十分。

注目穴馬/フィリアアレグロ/牡3

最多3勝を挙げるディープインパクト産駒。素質注。

-データ分析
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.