データ分析

【ダイヤモンドS(G3)】2020 過去10年データ分析レース傾向 予想

第60回 ダイヤモンドS(G3) 2020

2020/2/22(土)東京競馬場で行われるのは、天皇賞・春へと繋がる長距離重賞。第60回ダイヤモンドS(芝3400m)。長距離のハンデ戦と、少し難しい一戦。まずは過去10年を振り返ります。

ダイヤモンドS 2020 データ分析予想

ダイヤモンドS データ [枠/馬番/脚質別の傾向]

距離があるぶん、枠の有利不利はさほどありませんが、8枠が4勝7連対と好成績。脚質別では差し~追い込み馬に注目。

枠番別の傾向

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 1 2 1 12 6% 19% 25%
2枠 1 0 2 13 6% 6% 19%
3枠 1 2 0 15 6% 17% 17%
4枠 0 2 3 13 0% 11% 28%
5枠 1 0 1 16 6% 6% 11%
6枠 0 0 0 19 0% 0% 0%
7枠 2 1 1 16 10% 15% 20%
8枠 4 3 2 11 20% 35% 45%

馬番別の傾向

馬番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番 1 2 0 7 10% 30% 30%
2番 0 0 2 8 0% 0% 20%
3番 0 0 1 9 0% 0% 10%
4番 1 2 0 6 11% 33% 33%
5番 1 0 0 9 10% 10% 10%
6番 0 1 1 8 0% 10% 20%
7番 0 1 2 7 0% 10% 30%
8番 0 1 1 8 0% 10% 20%
9番 0 0 0 10 0% 0% 0%
10番 2 0 1 7 20% 20% 30%
11番 0 0 0 9 0% 0% 0%
12番 1 0 0 7 13% 13% 13%
13番 1 0 0 7 13% 13% 13%
14番 1 0 1 6 13% 13% 25%
15番 1 1 0 5 14% 29% 29%
16番 1 2 1 2 17% 50% 67%

脚質別の傾向

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 1 1 8 9% 18% 27%
先行 1 3 4 29 3% 11% 22%
差し 5 6 4 40 9% 20% 27%
追込 3 0 1 38 7% 7% 10%

ダイヤモンドS データ [単勝人気馬の傾向]

過去10年のダイヤモンドSにおける単勝人気別の成績を見てみると、1番人気は7勝8連対と高アベレージ。連対を外した2年も2番人気が連対しており、上位人気が崩れることはなさそう。

単勝人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 7 1 0 2 70% 80% 80%
2番人気 1 2 2 5 10% 30% 50%
3番人気 0 0 2 8 0% 0% 20%
4番人気 1 2 0 7 10% 30% 30%
5番人気 0 2 0 8 0% 20% 20%
6番人気 0 2 3 5 0% 20% 50%
7番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
8番人気 0 1 2 7 0% 10% 30%
9番人気 0 0 0 10 0% 0% 0%
10番人気 0 0 1 9 0% 0% 10%
11番人気 0 0 0 9 0% 0% 0%
12番人気 0 0 0 8 0% 0% 0%
13番人気 0 0 0 8 0% 0% 0%
14番人気 0 0 0 8 0% 0% 0%
15番人気 1 0 0 6 14% 14% 14%
16番人気 0 0 0 5 0% 0% 0%

ダイヤモンドS データ [払戻金別の傾向]

1番人気が比較的堅実だが、上位人気勢での決着は2015年ぐらい。

開催年 上位3頭の人気 馬連払戻金 3連複払戻金 3連単払戻金
2010年 1-6-10人気 2060円 39540円 151370円
2011年 2-4-6人気 2080円 7770円 41740円
2012年 15-1-2人気 52520円 72800円 947270円
2013年 1-4-6人気 1940円 6630円 32050円
2014年 1-5-3人気 1520円 2270円 11770円
2015年 1-2-8人気 960円 6780円 26090円
2016年 4-2-8人気 3300円 11180円 58400円
2017年 1-6-2人気 2040円 1870円 9850円
2018年 1-5-6人気 1030円 3460円 12630円
2019年 1-8-3人気 4750円 8630円 40420円

ダイヤモンドS データ [ステップ別の傾向]

目下4年連続連対中の万葉Sが、最有力ステップ。

ステップレース 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
万葉S 3 2 2 31 8% 13% 18%
AJCC 3 0 0 12 20% 20% 20%
有馬記念 2 0 0 1 67% 67% 67%
ステイヤーズS 1 1 1 11 7% 14% 21%
日経新春杯 0 1 4 6 0% 9% 46%
3勝クラス 0 1 3 14 0% 6% 22%
2勝クラス 0 2 0 7 0% 22% 22%

ダイヤモンドS データ [馬齢別の傾向]

高齢馬にもチャンスはありますが、中心となるのは複勝率50%を誇る4歳。

馬齢 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
4歳 4 3 3 10 20% 35% 50%
5歳 3 2 1 24 10% 17% 20%
6歳 2 1 4 25 6% 9% 22%
7歳 0 1 1 23 0% 4% 8%
8歳~ 1 3 1 33 3% 11% 13%

ダイヤモンドS データ [斤量別の傾向]

ハンデ戦とはいえ、軽ハンデ馬よりも重ハンデ馬が好成績。トップハンデ馬は6連対で、崩れたのは昨年のルミナスウォリアー1頭だけ。

斤量 1着 2着 3着 4着
~48キロ 0 0 0 6
49キロ 0 0 0 3
50キロ 0 1 1 5
51キロ 0 1 1 8
52キロ 0 2 0 5
53キロ 1 0 0 16
54キロ 2 0 5 27
55キロ 2 1 2 14
56キロ 1 3 1 19
57キロ 1 0 0 6
57.5キロ 0 0 0 2
58キロ 2 0 0 2
58.5キロ 1 2 0 2

ダイヤモンドS データ [前走着順別の傾向]

2桁着順からの巻き返しも多く、前走着順は問われません。

前走着順 1着 2着 3着 4着以下
1着 1 2 3 16
2着 2 4 0 9
3着 2 0 0 9
4着 1 1 2 9
5着 1 0 2 10
6~9着 1 1 2 30
10着~ 2 2 1 31

ダイヤモンドS データ [性別の傾向]

牝馬は出走自体少ない。牡馬中心。

性別 1着 2着 3着 4着以下
牡・セン 10 10 10 108
0 0 0 7

ダイヤモンドS データ [所属別の傾向]

3着8回があり、複勝率は関西馬の方が上位だが、勝率・連対率は関東馬が上。

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 6 6 2 55 9% 17% 20%
関西 4 4 8 60 5% 11% 21%

ダイヤモンドS データ [種牡馬別の傾向]

ハーツクライ産駒が4勝6連対で頭ひとつ抜きん出た感。今年もタイセイトレイル、レノヴァールの2頭が出走予定。

種牡馬 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
ハーツクライ 4 2 1 5 33% 50% 58%
キングカメハメハ 2 1 0 10 15% 23% 23%
ステイゴールド 1 0 0 5 17% 17% 17%
ディープインパクト 0 1 3 9 0% 8% 31%
ジャングルポケット 0 1 0 5 0% 17% 17%
ルーラーシップ 0 0 0 2 0% 0% 0%

ダイヤモンドS データ [血統別の傾向]

  着順 馬名 種牡馬 母父馬
2019年 1着 ユーキャンスマイル キングカメハメハ ダンスインザダーク
  2着 サンデームーティエ タニノギムレット オペラハウス
  3着 カフェブリッツ マンハッタンカフェ Stravinsky
2018年 1着 フェイムゲーム ハーツクライ アレミロード
  2着 リッジマン スウェプトオーヴァーボード Caerleon
  3着 ソールインパクト ディープインパクト ExchangeRate
2017年 1着 アルバート アドマイヤドン ダンスインザダーク
  2着 ラブラドライト キングカメハメハ サンデーサイレンス
  3着 カフジプリンス ハーツクライ シンボリクリスエス
2016年 1着 トゥインクル ステイゴールド ノーザンテースト
  2着 フェイムゲーム ハーツクライ アレミロード
  3着 ファタモルガーナ ディープインパクト エリシオ
2015年 1着 フェイムゲーム ハーツクライ アレミロード
  2着 ファタモルガーナ ディープインパクト エリシオ
  3着 カムフィー ダンスインザダーク ノーザンテースト
2014年 1着 フェイムゲーム ハーツクライ アレミロード
  2着 セイクリッドバレー タニノギムレット フジキセキ
  3着 タニノエポレット ダンスインザダーク ジェネラス
2013年 1着 アドマイヤラクティ ハーツクライ エリシオ
  2着 ジャガーメイル ジャングルポケット サンデーサイレンス
  3着 メイショウカドマツ ダイワメジャー KrisS
2012年 1着 ケイアイドウソジン キングカメハメハ Cutlass
  2着 ギュスターヴクライ ハーツクライ FabulousDancer
  3着 スマートロビン ディープインパクト Lyphard
2011年 1着 コスモメドウ King'sBest Sadler'sWells
  2着 コスモヘレノス グラスワンダー エリシオ
  3着 キタサンアミーゴ フジキセキ トニービン
2010年 1着 フォゲッタブル ダンスインザダーク トニービン
  2着 ベルウッドローツェ ダイタクリーヴァ バンブーアトトラス
  3着 ドリームフライト フサイチソニック リアルシャダイ

ダイヤモンドS 2020 データ分析まとめ

データ分析した傾向をまとめてみます。

単勝人気別の傾向から
→1番人気が7勝と断然。崩れた年も2番人気がカバーと上位人気は信頼できる。

ステップ別の傾向から
→目下4年連続で連対中の万葉Sが最有力ステップ。

年齢別の傾向から
→4歳の複勝率は50%。

種牡馬別の傾向から
→ハーツクライ産駒に注目。

この傾向から注目したい馬を3頭ピックアップ!

注目馬①/タガノディアマンテ/牡4

万葉S1着。4歳馬の成績もよく、堅い軸。

注目馬②/レノヴァール/牡5

万葉S3着ステップのハーツクライ産駒。このレース向き。

注目穴馬/タイセイトレイル/牡5

主要ステップではないが、日経新春杯組もマズマズ。こちらもハーツクライ産駒。

-データ分析
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.