1週前出走馬

【京都記念】2020出走予定馬 1週前注目馬考察

 

2020/2/16開催「京都記念(G2)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

京都記念2020 [1週前出走予定馬]

馬名 性齢 想定騎手 調教師
アフリカンゴールド セン5 未定 西園
アルメリアブルーム 牝6 未定 高橋康
カレンブーケドール 牝4 津村 国枝
クラージュゲリエ 牡4 未定 池江
クロノジェネシス 牝4 北村友 斉藤崇
ステイフーリッシュ 牡5 未定 矢作
ドレッドノータス セン7 未定 矢作
ノーブルマーズ 牡7 高倉 宮本
パフォーマプロミス 牡8 未定 藤原英
モズベッロ 牡4 未定 森田

■2020/2/1現在

 

京都記念2020 [注目馬考察]

京都記念2020出走予定馬/カレンブーケドール

オークスは早め先頭から2着。秋緒戦の紫苑Sは大外枠から出遅れ、秋華賞は内に閉じ込められての仕掛け遅れ。前走のジャパンCは、内の各馬を押し込んでの勝ちパターンだったが、勝ったスワーヴリチャードに上手く乗られた感と、いずれもツキがなかっただけ。ここは遠征予定のドバイに向けてもキッチリ答えを出したいところ。

京都記念2020出走予定馬/クロネジェネシス

エリザベス女王杯は、ラスト800m《11.6-11.5-11.4-11.7》の決め脚勝負。この馬の好走条件は秋華賞のようなハイペースでの差し比べ。真逆の展開だったことを思えば、0秒3差5着は悲観する内容ではなかった。これまで牝馬同士の競馬が大半で、牡馬相手でどうかの不安はあるものの、この世代はハイレベル。まずは格好をつけたい。

京都記念2020出走予定馬/ステイフーリッシュ

AJCCはルメール騎手の手腕による部分も大きかったが、ブラストワンピースと0秒2差だけ。2200mでは、京都新聞杯1着、昨年の京都記念2着を含め〔1-2-0-0〕とオール連対。今回もすんなりと先行できる顔ぶれなら、勝ち負けは必然。

京都記念2020出走予定馬/ドレッドノータス

昨秋の京都大賞典11番人気1着は驚愕だが、戦績を遡ってみれば全6勝中4勝が京都コースで、その内2勝が重賞(京都大賞典・京都2歳S)という巧者。天皇賞・秋は適性外だけに参考外でよく、得意舞台のここまで待機は青写真通りか。当然軽視は禁物。

京都記念2020出走予定馬/ノーブルマーズ

2018年1月の迎春S以来、勝ち星から遠ざかっているものの、重賞の前5走はすべて時計ひとつ以内と小差。近走は前に行って粘る形にモデルチェンジ中だが、その努力がようやく実を結びつつある印象も。今回は主戦の高倉騎手へ戻るだけに、もうひと押しに期待したい。

京都記念2020[今後の動向]

頭数は少なくなりそうだが、実力伯仲。先を見据える(ドバイ遠征)馬にとっては、ここは落とせない一戦。

 

-1週前出走馬
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.