1週前出走馬

【京都金杯】2020出走予定馬 1週前注目馬考察

 

2020/1/5開催「京都金杯(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

京都金杯2020 [1週前出走予定馬]

馬名 性齢 想定騎手 調教師
エメラルファイト 牡4 未定 相沢
カテドラル 牡4 未定 池添学
サウンドキアラ 牝5 未定 安達
ソーグリッタリング 牡6 未定 池江
ダイアトニック 牡5 未定 安田隆
ドーヴァー 牡7 未定 伊藤圭
ハッピーアワー 牡4 未定 武幸
ハッピーグリン 牡5 未定 長谷川
ボンセルヴィーソ 牡6 未定 池添学
マルターズアポジー 牡8 未定 堀井
メイケイダイハード 牡5 未定 中竹

■2019/12/14現在

 

京都金杯2020 [注目馬考察]

京都金杯2020出走予定馬/カテドラル

マイルCSでは直線挟まれる不利がありながらも、勝ったインディチャンプとは0秒5差だけ。上がり33秒4はメンバー最速で、スムーズに運べてさえいれば掲示板は取れた競馬だった。NHKマイルC3着など早い時期から活躍したが、父ハーツクライなら今後伸びていく血統背景。手始めに重賞制覇で弾みをつけたい。

京都金杯2020出走予定馬/ダイアトニック

スワンSでの脚がまったく出なかったマイルCSを見れば、ベスト距離は1400mの感もあるが、古馬粉砕のスワンSを見れば能力はかなり。G3のメンバーなら地力で1600mもこなせる感触。今度は舞台も2度目。まだ見限れない。

京都金杯2020出走予定馬/ハッピーグリン

中山金杯との両睨みだが、適性を取ればおそらくマイルのこちら。前走のチャレンジカップは直線でスムーズさを欠く場面もあったが、上がりはメンバー最速となる33秒8。ようやくこの馬らしさが戻ってきた印象もある。距離を詰めればさらに切れる脚が使えそう。

京都金杯2020出走予定馬/ドーヴァー

キャピタルSは鞍上ビュイック騎手の手腕もあるが、アドマイヤムーン産駒は総じて渋った馬場が得意。この馬もかなりの巧者であり、馬場が渋れば重賞にも手が届きそう。パンパンの良馬場なら軽視、渋馬場なら重い印でOK。

京都金杯2020出走予定馬/ハッピーアワー

冬の京都芝は時計がかかる傾向にあり、そんな馬場を得意とするのがハービンジャー。スプリンターズSは、0秒5差の7着。上がり33秒1は究極の上がりと言ってもよく、今後の成長が楽しみな1頭。距離延長がカギだが、1600mまでなら。

京都金杯2020[今後の動向]

GI云々はともかく、近年の上位馬はいずれもその後活躍。

 

-1週前出走馬
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.