1週前出走馬

【きさらぎ賞】2020出走予定馬 1週前注目馬考察

 

 

2020/2/9開催「きさらぎ賞(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

きさらぎ賞2020 [1週前出走予定馬]

馬名 性齢 想定騎手 調教師
アルジャンナ 牡3 川田 池江
ギベルティ 牡3 武豊 小島茂
グランレイ 牡3 池添 池添学
コルテジア 牡3 松山 鈴木
ストーンリッジ 牡3 未定 藤原英
トゥルーヴィル 牡3 北村友 斉藤崇

■2020/1/25現在

 

きさらぎ賞2020 [注目馬考察]

きさらぎ賞2020出走予定馬/アルジャンナ

勝ち馬(コントレイル)が強すぎた前走だが、この馬の走破時計1分45秒3も、従来のレコードを上回るもの。しっかりと折り合いもつき、3着ラインベックには4馬身差。今後の成長次第で、まだ逆転も見込めるはずだ。難敵不在のここは落とせない一戦。勝ってクラシックへ。

きさらぎ賞2020出走予定馬/グランレイ

朝日杯FSは、≪33.8-45.4-57.2≫の超ハイラップ。この流れを先行して押し切ったサリオスは別格だったが、キャリア3戦で大外から3着まで追い込んだこの馬の能力もかなり。若干頭の高い走りで、距離延長に疑問符はつくが、直線の長い外回りは大歓迎。気性面の成長があれば。

きさらぎ賞2020出走予定馬/ギベルティ

現3~4歳世代から、明らかに馬質が変わってきたゴドルフィン勢。新馬戦は展開に恵まれた面もあり、今回が試金石となりそうだが、アッサリと振り切った内容からも素質は優に重賞級。前走に引き続き、武豊騎手が手綱を取るという点からも期待値の高さが窺える。

きさらぎ賞2020出走予定馬/トゥルーヴィル

新馬戦は7頭立てのスロー先行。着差がつかないのは当然だけに、クビ差は気にならない。むしろ2着馬が迫ってきてもうひと伸びした勝負根性に注目したい。ディープ産駒らしい切れ味は感じさせなかったが、これはキャリを積めば変わってきそう。素質注目。

きさらぎ賞2020出走予定馬/コルテジア

上位2頭からは4馬身差と完敗だったシンザン記念だが、意識的に控える競馬で3着好走。今後に繋がる競馬だったと言える。あの内容なら、当然距離延長は問題なし。今開催の重たい馬場もこなした点も好材料。もう無視はできない。

きさらぎ賞2020[今後の動向]

クラシック登竜門。今年はアルジャンナが断然の主役候補だろう。勝ちっぷりに注目。

 

-1週前出走馬
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.