1週前出走馬

【菊花賞】2019出走予定馬 1週前注目馬考察

2019/10/20開催「菊花賞(G1)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

菊花賞2019 [1週前出走予定馬]

馬名 性齢 想定騎手 調教師
アドマイヤジャスタ 牡3 未定 須貝
アドマイヤスコール 牡3 未定 加藤征
アトミックフォース 牡3 未定 武藤
ヴァンケドミンゴ 牡3 藤岡佑 藤岡健
ヴェロックス 牡3 川田 中内田
オセアグレイト 牡3 野中 菊川
カウディーリョ 牡3 M.デムーロ
ザダル 牡3 石橋脩 大竹
サトノルークス 牡3 福永 池江
シフルマン 牡3 松山 中尾
ジョウショームード 牡3 小牧太 服部
タガノディアマンテ 牡3 田辺 鮫島
ディバインフォース 牡3 未定 寺島
ナイママ 牡3 柴田大 武藤
ニシノデイジー 牡3 ルメール 高木
バラックパリンカ 牡3 和田 平田
ヒシゲッコウ 牡3 スミヨン
ヒッチコック 牡3 未定 中竹
ホウオウサーベル 牡3 蛯名 奥村武
メイショウテンゲン 牡3 池添 池添兼
メロディーレーン 牝3 未定 森田
ユニコーンライオン 牡3 岩田康 矢作
リオンリオン 牡3 横山典 松永幹
レッドジェニアル 牡3 酒井学 高橋忠
ワールドプレミア 牡3 武豊 友道

■2019/10/5現在

菊花賞2019 [注目馬考察]

菊花賞2019出走予定馬/ヴェロックス

秋緒戦の神戸新聞杯2着。ほぼ馬なりで上がり32秒3をマークしたサートゥルナーリアには完敗だったが、こちらも32秒5としっかり伸びた。相手が悪かっただけで、今回はその天敵が不在。母セルキスは独オークストライアルのディアナトライアル (芝2000m)の勝ち馬で、その父は多数のクラシック勝ち馬を送るドイツ競馬の至宝モンズーン。血統的に距離延長は好材料と言えそう。最後の1冠はこの馬。

菊花賞2019出走予定馬/ワールドプレミア

神戸新聞杯3着で優先出走権を確保。馬群に入れず、どうしてもロスの多い競馬になりがちだが、前走は勝ったサートゥルナーリアと同じ、上がり32秒3。机上の計算とはいえ、位置取り次第ではもっと肉薄できたとも言える。ズブさを覗かせる馬だけに、距離は長ければ長い方がいいタイプ。鞍上のファインプレーにも期待したい。

菊花賞2019出走予定馬/リオンリオン

セントライト記念1着。時計が速く、インが伸びる特性を最大限に生かした鞍上の好騎乗もあったが、先行抜け出しでの2馬身差は、ひと夏を越しての成長を強く感じさせるものだった。雨さえ降らなければ、先行有利となることが大半の菊花賞。脚質的にもピッタリだし、父ルーラーシップは2年前の勝ち馬キセキと同じ。

菊花賞2019出走予定馬/オセアグレイト

結果的に重賞の壁とも言えるセントライト記念14着だが、間隔が空いていたことも影響したか。加えて小回り2200m。2400m→2600mで連勝してきただけに、距離短縮も堪えた感。前走がいいガス抜きになったと見れば、当然3000mの今回はこの馬のステイヤー気質を見直すべき。雨が降れば信頼度も増す。

菊花賞2019出走予定馬/タガノディアマンテ

未だ1勝馬だが、皐月賞6着、ダービー9着を含め、ここまで2桁着順が一度もない馬。ラストは必ず脚が使えるタイプで、折り合いも不問。兄2頭(タガノトネール・タガノエスプレッソ)は、芝・ダート1600mの重賞勝ち馬だったが、こちらはスタミナ型。如何にも3000mが合う印象。競馬に無欲はないが、穴馬はこんなタイプ。

菊花賞2019[今後の動向]

ダービー1、2着に加えて、サートゥルナーリアも中距離路線へ。手薄になった感が強いが、反面どこからでも入れそうな一戦に。。

-1週前出走馬
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.