1週前出走馬

【報知杯フィリーズレビュー】2020出走予定馬 1週前注目馬考察

 

2020/3/15開催「報知杯フィリーズレビュー(G2)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

報知杯フィリーズレビュー2020 [1週前出走予定馬]

馬名 性齢 調教師
アヌラーダプラ 牝3 萩原
インザムービー 牝3 牧田
ヴァラークラウン 牝3 鮫島
エーポス 牝3 北出
カリオストロ 牝3 加用
クーファイザナミ 牝3 武幸
ケープコッド 牝3 高柳瑞
ソフィアバローズ 牝3 角田
ソーユーフォリア 牝3 高柳瑞
ヒメノカリス 牝3 池江
マテンロウディーバ 牝3 中内田
ミズリーナ 牝3 坂口智
ヤマカツマーメイド 牝3 池添兼

■2020/2/29現在

 

報知杯フィリーズレビュー2020 [注目馬考察]

報知杯フィリーズレビュー2020出走予定馬/ヤマカツマーメイド

阪神JFは、内枠を生かした最高の競馬。上位勢との差は素直に力差と認めざるを得ないが、掲示板確保なら立派。兄が重賞5勝馬ヤマカツエースで、姉ヤマカツグレースもフローラS2着と、所謂走る血統。現状では1400mがベストで、ファンタジーSでは2歳女王レシステンシアと0秒5差だけ。本番よりも力が入る一戦に。

報知杯フィリーズレビュー2020出走予定馬/ケープコッド

1200mに戻した前走完勝とはいえ、レース後のムーア騎手のコメントは「1200mは少し忙しく、1400mの方がいいかもしれない」とのこと。2走前のファンタジーSは伸びずバテずだったが、これは距離云々よりも初めての長距離輸送が堪えたフシも。距離も2度目なら慣れも見込めるし、ここはもう一度適性を見極めたい。

報知杯フィリーズレビュー2020出走予定馬/カリオストロ

りんどう賞7着は、中1週の強行軍が堪えた形。最後は苦しくなって内へモタれてしまった。間隔をあけて臨んだ前走の万両賞は、減った体も戻して454キロ。最内枠から労せずハナを奪うと、そのまま逃げ込み、1分20秒4のレコードで快勝。これが本来の姿だろう。ここもスピード注目。

報知杯フィリーズレビュー2020出走予定馬/ヴァラークラウン

まだスピードを制御できない幼さは残るものの、前走は手応え十分に逃げ切っての完勝。兄、姉がダ1700~2000mで買っているし、父ダノンシャンティならマイルぐらいまで保つ血統背景。底を見せない魅力があるし、重賞でも楽しみな存在。

報知杯フィリーズレビュー2020出走予定馬/ヒメノカリス

新馬戦0秒5差の勝ち馬が、きさらぎ賞2着のストーンリッジ。折り返しの前走は順当勝ちだが、直線軽く仕掛けただけで、後続に3馬身半差。兄が皐月賞、大阪杯を勝ったアルアインという良血。まだ条件クラスだが、スケールの大きさなら、重賞に入ってもヒケは取らない。

報知杯フィリーズレビュー2020[今後の動向]

桜花賞トライアルとはいえ、あまり本番に直結せず、この距離向きの馬が強い傾向。

 

-1週前出走馬
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.