【マーチステークス2019予想オッズ】 | 本気競馬

【マーチステークス2019予想オッズ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

odds_ss

スポンサーリンク

PR-

PR-

マーチステークス2019 [出走予定馬短評]

ダート中距離戦線の有力馬が集結する注目のハンデ重賞、第26回マーチステークス。荒れる要素が多いイメージ通り、1番人気が勝ったのは2009年エスポワールシチーまでさかのぼる予想難解なレース。今年はテーオーエナジーの人気が予想されるが前走で想定外の敗戦を喫しており、他馬にも付け入る隙が十分にある混戦ムードになっている。

マーチステークス2019 予想オッズ/テーオーエナジー(3.8倍)

前走・佐賀記念(G3)は、単勝1.4倍の支持を集めるも直線早めに失速し3着。地方の馬場と初距離2000mが合わなかった面もあり、2戦2勝の中山コースで距離短縮してきた今回は巻き返し必至。3走前・師走S(OP)は負かした相手・内容共に非常に優秀で、能力さえ発揮すれば久々の重賞制覇も手の届く位置にいる。オッズは、3倍から4倍台が予想される。

マーチステークス2019 予想オッズ/ ハイランドピーク(5.3倍)

前走・総武S(OP)は、やや強引なレース運びが影響して8着敗退。ただ約半年ぶり+12kgと緩めの調整だったのも事実で、一度叩かれた今回は明らかに上昇ムード。昨年のこのレース9着だったが、その後は初重賞制覇するなど順調に力をつけており、スムーズに自分の型に持ち込めれば重賞2勝目は近い。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

マーチステークス2019 予想オッズ/ロードゴラッソ(6.2倍)

昨年末に500万条件を勝ち上がると、そこから怒涛の3連勝で一気にOP入り。特に前走・伊丹S(1600万下)では、4角手前で自分から動いて勝ちいく競馬をし、後続を3馬身半突き放す圧巻の内容。重賞初挑戦で実績がないことも、斤量面で有利に働くはず。相手関係は一気に強化されたが、今の充実具合ならここでも好勝負可能。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

マーチステークス2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はグレンツェント。近走は馬券に絡めない苦しい状態が続いているが、長期休養を挟むなど順調に使われておらず同情の余地はある。中山コースは4走して【3.1.0.0】とほぼ完ぺきな成績を残している得意舞台。2年3か月ぶりに中山に出走してくる今回は復調の絶好機到来。実績のわりに大きく人気落ちしそうな今回、馬券妙味もあり狙ってみたい存在。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA