予想オッズ

【アルゼンチン共和国杯】2019 予想オッズ/出走予定馬短評

アルゼンチン共和国杯2019 [出走予定馬短評]

毎年G1を狙える実力馬も出走してくる秋の名物ハンデG2・アルゼンチン共和国杯。2017年スワーヴリチャード、2016年シュヴァルグランなど近年勝ち馬がここを勝ってG1制覇に至っており、今後の中長距離戦線を占ううえでも重要なレース。今年のメンバーを見渡すと主役馬不在の混戦模様。とはいえ、オジュウチョウサンの参戦など話題性は豊富で、注目度の高いレースとなっている。

アルゼンチン共和国杯2019 予想オッズ/ルックトゥワイス(3.5倍)

前走・目黒記念(G2)は、最後方から長く良い脚を使う鮮やかな差しきりで初重賞制覇。今年は日経新春杯(G2)2着など強敵相手にも堅実に走っており、6歳にして晩成血統が開花しはじめた印象。約半年ぶりとなるが、乗り込み量豊富で久々も気にしないタイプ。昨年はこのレースで2番人気8着と苦汁を味わったが、更に力をつけた今年は勝ち負け濃厚とみる。オッズは、3倍から4倍台が予想される。

アルゼンチン共和国杯2019 予想オッズ/アフリカンゴールド(6.2倍)

前走・六社S(3勝クラス)は、道中4番手の好位からラスト3F33.6でまとめる盤石の内容。3歳時に菊花賞で穴人気したステイヤーが、ようやくOP入りをして本格化の兆しあり。中間も重馬場のCWで抜群の時計を出しており調子は上向き。ハンデ戦も重賞実績のないこの馬にとっては斤量面で追い風。今回は鞍上にルメール騎手を確保しており、必勝態勢をとってきた感がある。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

アルゼンチン共和国杯2019 予想オッズ/アイスバブル(6.5倍)

前走・小倉記念(G3)は、先行馬に厳しい流れとなり積極策が裏目に出た7着。ただ距離不足のなか勝ち馬から0.4秒差と踏ん張っており、悲観する内容ではない。昨年からの連続連対こそ6戦で止まったが、重賞慣れして着実に地力強化されている印象。目黒記念(G2)2着と好走実績のある得意舞台なら、前走から巻き返し必至とみる。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

アルゼンチン共和国杯2019 [狙い目となる穴馬は?]

アルゼンチン共和国杯2019/タイセイトレイル

今夏の北海道では、札幌日経OP(L)3着&丹頂S(OP)3着と勝ちきれないも好走続き。特に2走前はゴール前3頭叩き合いでカフジプリンスと0.1秒差の好勝負を演じており、長距離重賞で通用するスタミナと立ち回りの巧さを見せた。近走は9戦連続で馬券対象となっており、相手なりに走れる安定感も魅力。今回は鞍上も強化されており、人気の盲点となるようなら積極的に狙ってみたいところ。

アルゼンチン共和国杯2019/ポポカテペトル

近走は重賞で二桁着順が続いており、今回は人気急落が濃厚。ただ前走・函館記念(G3)は不得意な洋芝で能力を活かせない後方からの競馬。2走前・目黒記念(G2)は勝ち馬から5.2秒差大差負けと全く競馬になっておらず、参考外にすべき内容。先行策から直線馬体を並べるしぶとい展開に持ち込むのが同馬の好走パターンであり、それさえできれば上位進出できる可能性を秘める。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.