予想オッズ

【プロキオンステークス賞】2020 予想オッズ/出走予定馬短評



先週の馬券の結果はいかがでしたか?

おかげさまで先週のレース結果も以下の通りと、安定の予想結果となりました。ありがとうございました。
テレビ番組でも毎週コーナーを持ち、絶賛放送中ですのでこちらもぜひご覧頂けると嬉しいです♪

好評につき今週も無料メルマガにて重賞の予想を提供させて頂きます。
【無料メールマガジンの登録はこちら】






※当メールマガジンは、オッズや競馬そのものに影響を与えてしまう可能性がある為、毎週先着100名様限定とさせて頂いておりますので、ご了承下さい。


※大変申し訳御座いませんが100名様の弊社枠定員が埋まり次第、こちらは非表示になりますので定員の確認はこちらでご判断下さい。


※我々は的中回収実績にこだわる実績至上主義です。的中の結果もご覧になって頂ければわかると思いますが【少点数 / 配当 / 回収率】を重視し、予想信頼度の高いレースのみ配信させて頂いておりますので、弊社投資信頼度条件を満たす該当レースが無い場合は、情報の提供を控えさせて頂く場合も御座いますので、ご了承下さい。

【無料メールマガジンの登録はこちら】


プロキオンステークス2020 [出走予定馬短評]

秋の大舞台へ飛躍を狙う実力馬が集結した第25回プロキオンステークス。昨年までは中京で行われていたが、今年はオリンピックの影響による変則日程で10年ぶりの阪神開催。今年の登録状況は、重賞を3勝馬の3頭を筆頭に勢いのある昇り馬が多数登録しておりハイレベルなメンバー構成。秋以降のG1戦線にも影響を与えそうな注目の1戦となっている。

プロキオンステークス2020 予想オッズ/サンライズノヴァ(3.7倍)

前走・かしわ記念(G1)では、前残りで不利な流れになりつつも直線しっかり脚を伸ばして3着確保。今年2月フェブラリーS(G1)でも強敵相手に3着好走と地力を示しており、6歳を迎えても衰え知らずで2度目の充実期に入ってきた。昨年もこのレースに参戦して4着だが今年は昨年以上の臨戦過程で好調ぶりが目立つ。斤量59kgは懸念材料だが、G3なら格上の存在感を示してほしいところ。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

プロキオンステークス2020 予想オッズ/サクセスエナジー(5.4倍)

直近2戦はOP特別とはいえ、先行してそのまま能力の違いで押しきる競馬で連勝中。特に2走前・天王山S(OP)は、斤量59kgを背負いながら2着に3馬身差をつける圧巻の内容。地方交流重賞3勝と地方では結果を残せていたが、ここへきて中央でも着実に好走して地力強化されている。得意の阪神開催もこの馬にとってはプラス材料で、中央重賞初制覇も手の届く位置にいる。オッズは、5倍から7倍が予想される。

購入馬券で迷ったら…
こちらのサイトでは毎週末、重賞の予想を提供してくれます。

競馬サイトでは業界唯一【iBOOK・kindle】の出版許可を取り、競馬サイト初の電子書籍「週末にひとりで稼ぐ方法」を出版してるサイトです。
さらには競馬サイトでは審査が降りない【YAHOO!ウォレット】も業界初導入されています。
アマゾンとヤフー公認の優良サイトですので、競馬サイトは怪しいと思ってる方も安心してご利用できるのがいいですね。
今週末より重賞の無料情報が提供されますので、無料情報でお楽しみ下さい。

ターフビジョン 直近6ヶ月実績
購入額:236,900円
払戻額:4,572,210円
収支:+4,535,310円
回収率:1830%

ターフビジョン 登録はこちら

プロキオンステークス2020 予想オッズ/ラプタス(6.3倍)

前走・かきつばた記念(G3)は、好スタートから先頭に立つと直線でも脚色衰えず鮮やかな逃げきり。2走前・黒船賞(G3)でも逃げて2着に3馬身差をつける完勝。重賞連勝を経て逃げ馬として素質が開花し始めている印象。今回は前に行きたい馬が多く同脚質馬との兼ね合いがポイントになりそうだが、スムーズにハナをきれる展開に持ち込めば中央でも鮮やかな逃走劇が期待できる。オッズは、5倍から8倍が予想される。

プロキオンステークス2020 [狙い目となる穴馬は?]

プロキオンステークス2020/レッドルゼル

前走・天保山S(OP)は、不良馬場の影響もあり先行馬を捕えきれず2着。ただ昨年後半から連対を外していない充実ぶりは目を引くものがあり、初重賞挑戦でも期待せざるをえない。阪神ダートは【2.1.0.0】で連対を外したことのなく、一週前追切の動きも絶好。今回は一気に相手強化で試金石の1戦となるが、ここで結果を残すようなら先々まで楽しみになってくる。

プロキオンステークス2020/ヒラソール

昇級初戦となった前走・天保山S(OP)は、好位追走から直線しっかり見せ場をつくって3着好走。これでダート転向後は8戦全てで3着以内を確保と安定感抜群。脚質自在に加えて終いの脚も堅実なタイプゆえ、典型的に相手なりに走ってくる馬。実績がないため初重賞挑戦となった今回は人気こそ落ちるが、混戦となれば上位争いに浮上してくる可能性はある。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.