予想オッズ

【中山金杯】2020 予想オッズ/出走予定馬短評

中山金杯2020 [出走予定馬短評]

JRA開催最初の重賞として新年を彩っている中山金杯。昨年こそ中波乱の結果になったが、直近6年で5回も1番人気が馬券対象になっており比較的平穏な決着が続いている状態。例年は5歳以上の古馬勢が強い傾向があるレースだが、今年は地力の高そうな4歳勢が複数エントリーしており混戦模様。ハンデ戦という要素も相まって、オッズも拮抗した推移となってくるはず。

中山金杯2020 予想オッズ/トリオンフ(4.3倍)

1年4ヶ月ぶりの復帰戦となった前走・チャレンジC(G3)は、積極的にハナを奪って主導権を握ると、ゴール寸前まで先頭を維持する見せ場たっぷりの2着好走。戦前は余裕残しの馬体で叩き台という見方も強かったが、能力の高さだけで勝ち負けに絡んでおりG3クラスなら頭1つ抜けた存在。1度使われた上昇度も当然大きく、ここで復活勝利を飾るようなら春の中距離G1でも楽しみになってくる。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

中山金杯2020 予想オッズ/ザダル(5.2倍)

前走・菊花賞(G1)は、後方待機でレースを進めるも直線で本来の伸びが見られず13着惨敗。ただ4角手前で手応えが怪しくなったことから、敗因は距離であること明白で芝2000mなら前走から巻き返し必至。中山コースはセントライト記念(G2)3着実績に加え、3戦2勝で相性抜群。デビューから無敗の3連勝でダービー出走権を獲得したほどの素質馬だけに、ハンデ戦G3ならあっさり勝っても驚きはない。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

中山金杯2020 予想オッズ/クレッシェンドラヴ(6.0倍)

前走・福島記念(G3)では、3角過ぎから自ら動いて勝ちにいく強気の競馬をして初重賞制覇。七夕賞(G3)3着&オールカマー(G2)5着など近走は重賞で堅実に上位争いできる実力をつけており、晩成血統が開花してきた印象。中山芝2000mは2戦2勝で、この馬にとってベストといえる舞台設定。中間追切でも好調を維持しており、大崩れする場面は考えにくいほど充実ぶり。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

中山金杯2020 [狙い目となる穴馬は?]

中山金杯2020/レッドローゼス

前走・福島記念(G3)は、4角15番手という苦しい位置から上がり最速をマークして5着まで追い込む善戦。近走は物足りない内容が続いたが、復調のきっかけになりそうな末脚を使っており今回も期待大。今回は逃げ先行馬が多く、前が速くなりそうな展開面もこの馬にとっては大きな追い風。3戦連続で手綱をとる田辺騎手もこの馬の脚の使いどころを把握したはずで、豪快な直線一気も現実味を帯びる。

中山金杯2020/テリトーリアル

初重賞挑戦となった前走・チャレンジC(G3)は、3角手前から勝ちに行く強引な競馬をしたぶん直線脚がもたず12着敗退。ただ重賞の強敵相手でも一定の見せ場は作れており、乗り方や展開次第では上位争いに加われる手ごたえを掴む収穫ある内容。もともと脚質自在で立ち回り上手く、強引な競馬さえしなければ相手なりに走れるタイプ。前走の反省を活かし、好位で流れに乗るスムーズな競馬ができれば馬券対象になれる地力を秘めている。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.