予想オッズ

【京成杯】2020 予想オッズ/出走予定馬短評

京成杯2020 [出走予定馬短評]

皐月賞と同じ中山芝2000mが舞台となり、本番へ向けて見逃せない戦いとなるG3京成杯。一昨年はこのレースを制したジェネラーレウーノが皐月賞で3着好走するなど、牡馬クラシックとの関連性も年々高まってきた要注目のレース。今年は中心はエアグルーヴ&シーザリオの名牝血脈を受け継ぐスカイグルーヴ。この馬の1番人気が濃厚で、以下混戦ムードのオッズになってきそうな雰囲気がある。

京成杯2020 予想オッズ/スカイグルーヴ(2.0倍)

新馬戦では、最内枠からスピードの違いですんなり先頭に立つと、勝負所から楽な手応えのまま後続を突き放す圧巻の内容。ラスト3F最速は当然として、余裕残しでゴールまで加速ラップを刻んでおり、この1走のみで重賞クラスの能力があることは明白。新種牡馬エピファネイアの代表産駒が、クラシックロードの中心勢力として歩みを進めるか要注目の1戦。オッズは、2倍前後が予想される。

京成杯2020 予想オッズ/ヒュッゲ(5.4倍)

新馬戦こそ余裕残しの仕上げで6着敗退したものの、その後は未勝利戦&エリカ賞(1勝クラス)と強い内容で連勝。特に前走は2番手の馬に終始マークされる厳しい展開になったが、直線で息の長い脚を使って鮮やかな逃げ切り勝利。1週前調教でもCWで格上古馬と併せ大きく先着と好調を維持。持ち前の先行力を存分に発揮する騎乗ができれば、重賞でも勝ち負けが期待できる。オッズは、4倍から7倍台が予想される。

京成杯2020 予想オッズ/ロールオブサンダー(5.9倍)

前走・京都2歳S(G3)では、積極的に逃げてペースを握ると直線でもしぶとい脚を使い3着好走。先着を許した2頭はクラシック候補の有力馬であり、この馬も負けて強しと評価できる上々の走り。新馬時から馬体を20kg以上増やしながら好走しており、順調な成長曲線を描いているのも魅力。既に重賞好走歴があるのは心強く、先行力を活かせる小回り中山なら重賞制覇も視野に入ってくる。オッズは、4倍から7倍台が予想される。

京成杯2020 [狙い目となる穴馬は?]

京成杯2020/ゼノヴァース

前走・未勝利戦は、4角手前から自ら動いて勝ちにいく盤石の内容で完勝。勝ち上がりに3戦を要したが全てのレースでラスト3Fメンバー最速級の上がりタイムを計測しており、末脚不発がないのは大きな武器。今回は年明けから絶好調のマーフィー騎手を確保したのも大きな追い風。未勝利戦を勝ったばかりでそれほど人気を集めそうになく、鞍上の好騎乗で上位進出に期待したい。

京成杯2020/ビターエンダー

前走・未勝利戦では、すんなり道中3番手の好位につけると直線でも楽に後続を突き放し3馬身差快勝。新馬戦も不器用なレース運びで3着に敗れているが、最後は豪快な末脚で追い込んでくる見どころのある内容。2戦ともまだ余力のあるレースぶりをしており、今後に向けて伸びしろ十分。相沢調教師からクラシックを意識させる強気のコメントもでており、馬券妙味ならこの馬。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.