予想オッズ

【エプソムカップ】2019予想 予想オッズ/出走予定馬短評

 

エプソムカップ2019 [出走予定馬短評]

秋の大舞台への飛躍を狙い、マイルから中距離路線の多くの実力馬が集結した第36回エプソムカップ。東京芝1800mという底力が問われる舞台設定のため、実力のある人気同士の決着が多く堅い傾向にあるレース。今年はG1馬の登録もある粒ぞろいのメンバー構成となっており、オッズも上位拮抗で推移していくはず。

エプソムカップ2019 予想オッズ/ミッキースワロー(3.6倍)

今年初戦となった前走・新潟大賞典(G3)は、後方待機から直線しっかり追い込み僅差の2着。勝ち馬と斤量3.5kg差のトップハンデを考慮すれば、勝ちに等しい好内容。近走はG1連戦で上位争いできない時期が続いたが、やはりG3なら能力上位を再確認。東京コースはジャパンC(G1)5着と好走実績もあり、今回約2年ぶりの勝利を上げる可能性は高い。オッズは、3倍から4倍台が予想される。

エプソムカップ2019 予想オッズ/ソーグリッタリング(5.7倍)

今年に入りリステッド競走を連勝中と充実一途。特に前走・都大路S(L)では、中団待機できっちり折り合うと、直線抜群の反応で突き抜ける完勝劇。着差以上に強い内容で晩成良血馬が完全に軌道に乗り始めた印象。今回は2歳時以来の重賞挑戦で相手関係も強化されたが、末脚の破壊力が増した今の状態なら好勝負必至とみる。オッズは、5倍から7倍台が予想される。

エプソムカップ2019 予想オッズ/レイエンダ(6.8倍)

前走・メイS(OP)では、相手関係に恵まれたにも関わらず見せ場すら作れない9着。今年に入りもどかしい競馬が続いているが、今回は3戦ぶりにルメール騎手の再騎乗が実現して復活の予感あり。全兄レイデオロは4歳になってもG1制覇する成長力を示しており、この馬もそれに続く活躍を期待したいところ。オッズは、6倍から8倍台が予想される。

エプソムカップ2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はサラキア。前走・阪神牝馬S(G2)は、直線スムーズに進路が確保できず脚を余す形での10着。それでも勝ち馬から0.3秒差に迫っており、目一杯追えていえば勝ち負けを期待できた惜しい内容。今回の芝1800mでは連対率100%と抜群の距離適性を示している得意距離。前走大敗の影響で人気を落とすようなら積極的に狙ってみたい存在。

-予想オッズ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.