1週前出走馬

【日経新春杯】2020出走予定馬 1週前注目馬考察

 

2020/1/19開催「日経新春杯(G2)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

日経新春杯2020 [1週前出走予定馬]

馬名 性齢 想定騎手 調教師
アフリカンゴールド セン5 福永 西園
サンアップルトン 牡4 柴田善 中野栄
タイセイトレイル 牡5 未定 矢作
ドレッドノータス セン7 未定 矢作
マスターコード 牡6 未定 吉村
メロディーレーン 牝4 未定 森田
モズベッロ 牡4 未定 森田
レッドジェニアル 牡4 武豊 高橋忠
レッドレオン 牡5 未定 角居
ロードヴァンドール 牡7 太宰

■2020/1/5現在

 

日経新春杯2020 [注目馬考察]

日経新春杯2020出走予定馬/レッドジェニアル

京都新聞杯で2着に退けたのが、ダービー馬ロジャーバローズ。神戸新聞杯も4着とはいえ、サートゥルナーリア、ヴェロックス、ワールドプレミアに次いでのものなら、十分評価できるもの。前走の菊花賞も0秒6差と力は示した形。京都外2400mなら存分に能力が発揮できるし、今回は鞍上に京都コースを知り尽くした武豊騎手。幸先の良いスタートとなりそうだ。

日経新春杯2020出走予定馬/レッドレオン

500→1000万を連勝し、1600万(3勝クラス)もわずか2戦で突破。前走は着差こそ小さかったが、抜け出してからまだ余裕も。操縦性の高さに加えて、地力強化を証明する一戦とも取れた。ディープ産駒らしく(ほぼ)京都専用馬。重賞挑戦でも侮れない。

日経新春杯2020出走予定馬/アフリカンゴールド

アルゼンチン共和国杯は、前半少し掛かったぶんだけ最後伸び切れなかった形。それでもレースの形は悪くなく、2400m~の重賞ならすぐに勝てそうな感触もあった。4番人気15着と大敗した昨年は、菊花賞12着からのステップ。臨戦過程は今年の方が断然いい。

日経新春杯2020出走予定馬/ロードヴァンドール

前走の中日新聞杯は最内枠もあり、行ければハナとのことだったが、スタートで躓き万事休す。加えて2000mもやはり少し短い印象も受けた。京都外2400mならゆったりと運べるし、2年前は2着と好走。この手のタイプは、人気が落ちれば落ちるほど怖い。

日経新春杯2020出走予定馬/サンアップルトン

芝2200m→2600m連勝。長丁場に高い適性を示し、とりわけ前走のフルールラインCは、最後まだまだ余裕もあった。格上挑戦の重賞とさすがにここは一気の相手強化となるが、そのぶんハンデの恩恵も。このレースは軽ハンデ馬の好走も多い。

日経新春杯2020[今後の動向]

昨年の勝ち馬は、暮れの香港ヴァーズも制したグローリーヴェイズ。今年も新星誕生に期待した。

 

-1週前出走馬
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.