1週前出走馬

【新潟大賞典2019出走予定馬】1週前注目馬考察

2019/4/29開催「新潟大賞典(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

新潟大賞典2019 [1週前出走予定馬]

  • クリノヤマトノオー/牡5/高橋忠厩舎・栗東
  • ゴーフォザサミット/牡4/藤沢和厩舎・美浦
  • サンデーウィザード/牡7/大久龍厩舎・栗東
  • ショウナンバッハ/牡8/上原厩舎・美浦
  • スズカデヴィアス/牡8/橋田厩舎・栗東
  • ステイインシアトル/牡8/池江寿厩舎・栗東
  • スピリッツミノル/牡7/本田厩舎・栗東
  • ブラックスピネル/牡6/音無厩舎・栗東
  • ブラックバゴ/牡7/齋藤誠厩舎・美浦
  • ミッキースワロー/牡5/厩菊沢舎・美浦
  • ルックトゥワイス/牡6/藤原英厩舎・栗東
  • ロシュフォール/牡4/木村厩舎・美浦

■2019/4/13現在

新潟大賞典2019 [注目馬考察]

新潟大賞典出走予定馬/ゴーフォザサミット

復帰戦の日経賞5着。強敵相手に加えて距離も若干長かった印象だが、しっかりと格好はつけた。プラス18キロは成長分。ひと叩きされた今回は、中身が変わってくるはず。兄が安田記念2着のショウナンマイティ。こちらも父は長距離砲のハーツクライだが、距離適性は2000m前後だろう。

新潟大賞典出走予定馬/クリノヤマトノオー

2走前は直線ドン詰まりの0秒2差3着。前走も枠なりに外を回る競馬で、上位に伸び負け。今ひとつ噛み合わない中での僅差の競馬は、この馬の力を示すもの。息の長い末脚が持ち味で、直線の長い新潟コースは歓迎のクチ。距離延長も好材料で、課題は【0-0-0-2】の左回りだけ。

新潟大賞典出走予定馬/ロシュフォール

デビューは3歳春と遅かったが、じっくりと成長を促しつつのローテが実を結び、2戦目以降は【4-1-0-0】。休みを挟んでの準オープン快勝は並みの芸当ではなく、かなりの奥の深さを感じさせる。今回が初めての重賞挑戦なら、当然ハンデも重くはならないはず。一気に重賞ウイナーへ。

新潟大賞典2019[今後の動向]

昨年は3連単58万円と波乱含みの一戦。カギを握るのは、やはりハンデだろう。

-1週前出走馬
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.