1週前出走馬

【ファルコンステークス】2020出走予定馬 1週前注目馬考察

2020/3/14開催「ファルコンステークス(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

ファルコンステークス2020 [1週前出走予定馬]

馬名 性齢 調教師
アヌラーダプラ 牝3 萩原
アブソルティスモ 牡3 藤沢和
ウイングレイテスト 牡3 青木
シャインガーネット 牝3 栗田
ドゥーベ 牡3 音無
ビアンフェ 牡3 中竹
ペコリーノロマーノ 牝3 久保田
マイネルグリット 牡3 吉田
ラウダシオン 牡3 斉藤崇

■2020/2/29現在

 

ファルコンステークス2020 [注目馬考察]

ファルコンステークス2020出走予定馬/ラウダシオン

鞍上の「奇跡的にうまく出られた」とのコメント通り、前走のクロッカスSはこの馬としては考えられないほどの好スタート。3F通過35秒4のスローペースに持ち込んだ鞍上の絶妙のペース配分もあったが、最後までスピードが衰えることなく、2馬身突き放しての完勝だった。今回もゲートがカギだが、1400mは2戦2勝と負け知らず。引き続き、武豊騎手が手綱を取る点も心強い。

ファルコンステークス2020出走予定馬/ビアンフェ

朝日杯FSは、すんなりと自分の形に持ち込めたが、前半3F通過33秒8。後続に突かれたこともあって、道中息を入れるシーンがなかった。そして母系がスプリンターということもあり、距離1600mはギリギリ。いい経験と割り切りたい。今回はレコード決着2着の2走前と同じ1400m。改めてスピードに注目。

ファルコンステークス2020出走予定馬/シャインガーネット

大人びたレース振りで1600m2連勝で臨んだ前走のフェアリーSだが、序盤から少し行きたがる素振り。その分、最後の伸びを欠いた印象で、現状では1600mよりも1400m向き。兄アドマイヤサガスは、ダ1200m重賞勝ち馬、現役バレーロも1400mが主戦場と、血統的に短距離でこそ。

ファルコンステークス2020出走予定馬/ペコリーノロマーノ

ミドルペースで楽に好位へ。それでも最後まったく反応がなかった前走は、単純に距離が長かったと処理できる一戦。終始、右にモタれる仕草を見せていたことも影響したか。今回は2勝マークの左回りで、この舞台は2走前完勝。適距離で改めて。

ファルコンステークス2020出走予定馬/ウイングレイテスト

朝日杯FSは力負けということもあるが、馬体重が絞れなかったことも敗因。「まだ重い」とコメントされたデイリー杯よりも、さらに4キロ増えて492キロ。反応しきれなかったことは、このあたりも影響しているだろう。1400mでスピード負けすることはなく、今回もまずは馬体重。少なくとも480キロ前半が望ましい。

ファルコンステークス2020[今後の動向]

ここをステップに桜花賞、NHKマイルCへという顔ぶれ。1400m巧者が強い一戦でもある。

 

-1週前出走馬
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 本気競馬 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.