【小倉2歳ステークス 2018 予想】 | 本気競馬
本気予想

【小倉2歳ステークス 2018 予想】

yosou_grade

小倉2歳ステークス2018[レース予想]

大半が逃げて勝ち上がってきた組。並びが読みづらいが、ラップ比較からは、前半33秒3で逃げ切ったシングルアップと、33秒2で逃げ切ったタムロドリーム。ハナはこの2頭のどちらかとなりそうだ。ルチアーナミノル、ジャカランダシティ、セプタリアン、ファンタジストが好位グループを形成。チュウワフライヤー、タガノジェロディ、アズマヘリテージあたりが、自然と差しに構える形。ペースは激流まで予想されるが、今季の小倉芝はとにかく高速馬場。前の組も簡単には止まらない。

小倉2歳ステークス2018 予想【本命◎ セプタリアン】

今季、短距離路線でブレイクのダイメイプリンセスやダイアナヘイロー。先日の大井1200重賞を勝ったキタサンミカヅキなど、良質なスプリンターを輩出するキングヘイロー産駒。こちらは姉がクイーンC勝ち馬のテトラドラクマと一本筋の通った血統馬で、素質十分。前走はスローで逃げる形となったが、新馬戦では中団から脚を伸ばしたように、自在に立ち回れる強み。

小倉2歳ステークス2018 予想【対抗○ シングルアップ】

好位から抜け出す正攻法の競馬だったデビュー戦とは打って変わって、前走のフェニックス賞は逃げ完勝。自在に立ち回れる器用さが持ち味で、とにかくセンスの高い走り。重賞でもスピード負けすることなく、前走が14キロ増と若干余裕残し。叩いての上積みも大きい。

小倉2歳ステークス2018 予想【単穴▲ カシノティーダ】

前走のひまわり賞は6番人気逃げ切りだったが、時計は1分9秒0。一戦ごとに時計を詰めているように、フロックではなく、自身の成長による部分が大きい。ひまわり賞を9秒台で走破した馬は、小倉2歳ステークスでも馬券内に入る資格十分。一般馬が相手でも、こちらも従兄弟がロードカナロアという良血。

小倉2歳ステークス2018 予想【特注☆ タガノジェロディ】

過去10年、前走1600mを使ってきた馬の成績は【2-0-0-0】。スピードだけではなく、総合力が求められる一戦と捉えることもできる。差し返して勝ち上がった未勝利戦を見れば、緩急自在のタイプ。1200mに戸惑うことはないはずで、重賞4勝、高松宮記念2着もあったサンカルロが叔父という血統も魅力。

小倉2歳ステークス2018 [馬券考察]

  • 本命◎:④セプタリアン
  • 対抗○:⑤シングルアップ
  • 単穴▲:⑦カシノティーダ
  • 特注☆:⑬タガノジェロディ

波乱指数【40】

展開微妙で波乱があっても・・・だが、レースの傾向としては意外と人気馬が強く、中波瀾程度。上位1~3番人気は押さえておきたい。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番④⑤⑦⑬の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA