【北九州記念 2018 予想】 | 本気競馬
本気予想

【北九州記念 2018 予想】

yosou_grade

北九州記念2018[レース予想]

葵ステークス同様に、ゴールドクイーン・ラブカンプーの先導が濃厚だが、前走は直線競馬の最内枠で行けなかったアクティブミノルもハナに行きたいクチ。連覇を狙うダイアナヘイロー・セカンドテーブル・トウショウピスト・ナリタスターワン・ナインテイルズが先行し、アレスバローズ・アンヴァル・ダイメイプリンセス・ナガラフラワーが中団。フミノムーン・アサクサゲンキが後方から。ハイペース濃厚だが、今の小倉は時計が出る馬場。意外と前の組が踏ん張れる可能性もある。

北九州記念2018 予想【本命◎ トウショウピスト】

3走前の京王杯SC(GⅡ)が0秒5差で、2走前の安土城ステークス(オープン)が0秒1差。そして前走のCBC賞(GⅢ)が0秒4差と、いずれも着順ほど負けてはおらず、重賞でも展開・相手ひとつで手が届きそうな感触も。ハンデ56キロは正直不満だが、今週は栗東CWで81.2-65.4-50.4-37.2-11.8。1週前の9日にはラスト11秒1をマークしており、状態は絶好。今の高速馬場が合うタイプでもあり、一発に期待。

北九州記念2018 予想【対抗○ セカンドテーブル】

直前15-15の軽い稽古しか行えなかった前走のCBC賞(GⅢ)3着は、改めてこの馬の能力を示した形。今季はすっかりとレース振りに安定感を増し、崩れたのは骨折休養明けとなった4走前だけ。今回はしっかりと長めから追い切れるようにデキも上昇。2歳以来となる重賞制覇のチャンス。

北九州記念2018 予想【単穴▲ アンヴァル】

得意の距離で巻き返しを図った前走の葵ステークス(新設重賞)だが、前半600m通過が33秒9と緩い流れ。逃げたゴールドクイーンが1着、2番手ラブカンプーが2着では末脚不発も仕方がないところだろう。小倉芝1200mは未勝利快勝の舞台で、ハンデ50キロ。最終追いをCW→ポリトラックに変化を加えてきた点にも注意したい。

北九州記念2018 予想【特注☆ スカイパッション】

1600万からの格上挑戦になるとはいえ、2走前はナインテイルズと0秒5差だけ。2勝4連対と好成績の小倉芝1200mなら、この相手でもそうヒケは取らない印象もある。乱ペースになれば、この馬の末脚とハンデ49キロが生きてくる。穴ならコレ。

北九州記念2018 [馬券考察]

  • 本命◎:13トウショウピスト
  • 対抗○:6セカンドテーブル
  • 単穴▲:7アンヴァル
  • 特注☆:12スカイパッション

波乱指数【80】

とにかく一筋縄では行かず、2桁人気馬も平気で突っ込んでくる一戦。今年も波乱必至の顔ぶれ。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番6.7.12.13の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA