CBC賞 2018 予想 /ハンデ52kgならナガラフラワー通用 | 本気競馬
本気予想

CBC賞 2018 予想 /ハンデ52kgならナガラフラワー通用

直線が長い中京コースも大歓迎。

yosou_grade

2018/7/1(日)開催 中京11R CBC賞(GⅢ)
3歳以上オープン 1200m (芝) ハンデ戦

CBC賞 2018 [予想]

展開的にアクティブミノルがハナを奪いにくるはずだが、2番枠を引いたトウショウピストのハナもありうる。これに外からワンスインナムーン・セカンドテーブルあたりが続き、好位でペイシャフェリシタ・アサクサゲンキ。中団にはダイメフジ・ダイメイプリンセスが続き、後方にアレスバローズ・ナガラフラワー。ペースは激流といった感じになりそうで、開幕週の傾向として前が止まらない馬場となれば瞬発力が重要に。

CBC賞 予想 【本命◎ ナガラフラワー】

父ダンスインザダークからの連想と、新馬戦を芝1800mで快勝したレース振りから、しばらく中長距離を中心に走っていたが、その後頭打ちとなり、昨年から芝1200mへと方向転換。これが奏功したのか、前走の彦根ステークス(1600万下)も条件戦とはいえ、上がり32秒9。スパッと差し切ってみせた。あの内容なら、直線が長い中京コースも大歓迎。ハンデ52kgなら通用の感触。

CBC賞 予想 【対抗○ トウショウピスト】

前走の安土城ステークス(OP)は外枠で控えざるを得ないこともあったが、番手追走でも問題なし。とはいえ、やはり行ってこそ本領発揮の馬だけに、今回の2番枠は絶好。外のアクティブミノルさえ制すれば、ハナはこの馬。母シーイズトウショウは、06年のCBC賞勝ち馬。母子制覇の期待も十分。

CBC賞 予想 【単穴▲ トーキングドラム】

インを突いて差し切った昨年の阪急杯(GⅢ)が印象的で、その後精彩を欠く内容が続いたとはいえ、内枠だった3走前の東風ステークス(OP)は0秒4差だけ。典型的な内枠ホースと見ていい。今回は最内枠+初ブリンカー。1200mが短いこともなく、一変の可能性はある。

CBC賞 予想【特注☆ グレイトチャーター】

依然として気性面に課題が残るものの、前に壁を作れるこの枠なら折り合いを欠く心配なし。3走前のシルクロードステークス(GⅢ)は6着だが0秒5差だけ。当時と同じハンデ54kgなら、チャンスもありそう。

↓↓最終予想から導き出す馬券考察は↓↓

CBC賞 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑩ナガラフラワー
  • 対抗○:②トウショウピスト
  • 単穴▲:①トーキングドラム
  • 特注☆:⑤グレイトチャーター

波乱指数【60】

実績馬の大半は納得のハンデだが、真ん中~外目の枠に集中。穴馬は内~真ん中あたりか。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番①②⑤⑩の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA