ダイヤモンドステークス 2018 予想 /難敵不在ならフェイムゲームが主役! | 本気競馬
本気予想

ダイヤモンドステークス 2018 予想 /難敵不在ならフェイムゲームが主役!

トップハンデだが何ら問題なし。目下5年連続でトップハンデ馬が連対中。

yosou_grade

2018/2/17(土)開催 東京11R ダイヤモンドステークス(GⅢ)
4歳以上オープン 3400m (芝) ハンデ戦

ダイヤモンドステークス 2018 [予想]

ダイヤモンドステークス3勝目を目指すフェイムゲームが出走。明けて8歳とはいえ、前走のステイヤーズステークスではアルバートとのマッチレースを展開。そのアルバート不在なら…と言えそうか。伸び盛りの4歳馬からは、レジェンドセラーとホウオウドリーム。前走は珍しく崩れたソールインパクトだが、得意の東京なら見直せる余地。穴なら追ってバテないリッチーリッチー。

ダイヤモンドS 予想 【本命◎ フェイムゲーム】

今年で5年連続の出走。昨年は目黒記念を制し、暮れのスタイヤーズステークスでもアルバートとのデッドヒート。明けて8歳とはいえ、まったく衰えは感じられず、難敵アルバート不在なら堂々の主役だろう。トップハンデ58.5kgだが、自身は何ら問題なし。目下5年連続でトップハンデ馬が連対中と、データも後押し。

ダイヤモンドS 予想 【対抗○ レジェンドセラー】

前走のAJCCは相手関係もあるが、それ以上に距離が合わなかった印象。勝負所から追い通しとなったオリオンステークスの内容を見ても、本質的には長距離型。距離が延びれば延びるほど良さが出てくるタイプだろう。ここは願ってもない舞台設定、ハンデも54kgなら恵まれた。

ダイヤモンドS 予想 【単穴▲ ソールインパクト】

前走の敗因が不可解だが、当時の京都はディープ産駒壊滅の馬場状態。輸送考慮で仕上げを緩くなってしまったことも敗因か。その点を踏まえて今回は3週連続で併せ馬を敢行。ベスト舞台に戻って体が絞れて来れば、変わり身も。

ダイヤモンドS 予想【特注☆ ホウオウドリーム】

東京コース【3.0.0.1】の高適性。身分は1600万だが、母メジロドーベルに父ルーラーシップ。大舞台でこそ覚醒の可能性を秘めている。ハンデも52kgと手頃、元々が叩き良化型だけに今回は力を発揮できる条件。

↓↓最終予想から導き出す馬券考察は↓↓

ダイヤモンドステークス 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:14フェイムゲーム
  • 対抗○: 8レジェンドセラー
  • 単穴▲: 6ソールインパクト
  • 特注☆: 5ホウオウドリーム

波乱指数【60】

長距離砲フェイムゲームが崩れるシーンは想像しがたいが、その他は横並び。ヒモ荒れの可能性も。

馬券考察

馬券は馬連。馬番14を軸に、相手5.6.8へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA