プロキオンステークス2017の予想公開!/キングズガード本命で勝負!
本気予想

プロキオンステークス2017の予想公開!/キングズガード本命で勝負!

この馬の純粋な能力に期待!

yosou_grade

2017/7/9(日)開催 中京11R プロキオンステークス(G3)
3歳以上オープン 1400m (ダート) ハンデ戦

スポンサーリンク

プロキオンステークス2017[レース予想]

今週日曜日の中京競馬場では、今後の展望には欠かせないダートの短距離重賞・プロキオンステークスが開催されます。データ的には近4年平穏な決着傾向にあり、連対馬8頭全てが5番人気以内。この傾向から、ある程度実績や実力がないと勝ち負けは厳しいといった判断ができます。今年はかなり粒揃いのメンバー構成になった印象で、今後のダート短距離路線を引っ張っていくような馬が現れてくれるのではないかと注目していますが、果たしてどの馬が勝ち名乗りをあげるのか?

プロキオンステークス 予想【◎キングズガード】

本命はこの馬に期待。3走前のG1・フェブラリーSこそ11着に敗れたが、その後の2走は重賞を含めて好走を連発。特に前走の天保山Sでは前残りの展開の中、唯一後方から追い込んで2着に好走。トップハンデの58kgを背負っての2着ですから十分に価値のある内容で、あの末脚を発揮できるようであれば、当然ここでも勝ち負けできる可能性は可能性は高いと判断。先週の中京ダートは極端に内が有利な馬場で、7/8(土)の傾向からもそれが継続しているような印象。外目に入ってしまった点はやや気になる部分ではありますが、差し・追い込みも届いてるところからも、この馬の純粋な能力に懸けてみたいと思います。

プロキオンステークス 予想【○ベストマッチョ】

根岸Sではスタートで後手を踏む展開となり、いつもより位置取りが後ろになってしまった事で大敗を喫してしまったが、その後は自分のレースさえ出来れば結果を残しており、今回も自分のレースが出来るか?が最大のポイントとなるでしょう。今回は強力な逃げ馬は不在で、逃げるのは恐らく園田のトウケイタイガーのみで、どちらかといえば有力馬は差し・追い込みタイプの馬。展開的には前目につけて押し切る形に持っていければ、好走の下地は十分にあると見ていいと思います。内枠に入った以上やる事は決まっているはずで、乗り替わりとなる幸騎手の手腕にも期待して対抗評価としました。

プロキオンステークス 予想【▲カフジテイク】

今回の出走馬の中で実績や勢いを考えれば、当然1番人気で勝ち負けする筆頭格はこの馬。根岸Sでは直線一気の末脚で初重賞制覇を飾り、その後のフェブラリーSでも上がり最速の末脚で3着を確保するなど成長も著しい5歳馬。父プリサイスエンドで母父スキャンの血統を考えれば、本質的には1600mよりも1400m向きの馬でしょうし、距離短縮で迎える今回は勝ち負け必至の1頭でしょう。ただ今回はドバイ帰りの1戦で先日の帝王賞に出走したアウォーディーやアポロケンタッキーなどが軒並み凡走したことを考えると、状態面の不安も可能性的にはあると見ており、妙味もやや落ちるところからも、今回は単穴評価としています。

プロキオンステークス 予想【△アキトクレッセント】

元々3歳時に重賞でも上位人気に押されるなど潜在能力の高さは注目されていたこの馬。2016年に約1年の休養を経て復帰して以降、崩れたのは阪神での播磨Sのみで今回人気となりそうなベストマッチョにも勝利していますし、前走のレースでも今回出走していれば人気になっていたであろうエイシンバッケンとも差のないレースを見せていました。問題は芝スタートというところで、近走で唯一凡走したのは今回と同じ芝スタートだったレース。そこだけはやはり少し気になってしまったところから、4番手評価までとしました。

プロキオンステークス2017[馬券考察]

  • 本命◎12キングズガード
  • 対抗○2ベストマッチョ
  • 単穴▲8カフジテイク
  • 連下△4アキトクレッセント

馬券は3連単BOX。馬番で2.4.8.12の4頭BOXで勝負したいと思います。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA