【京都新聞杯2017予想】プラチナムバレット本命で勝負! | 本気競馬
本気予想

【京都新聞杯2017予想】プラチナムバレット本命で勝負!

ここでも、そして本番でも好走狙える馬はコノ馬だ!

yosou_grade

2017/5/6(土)開催 京都11R 京都新聞杯(G2)

3歳オープン 2200m (芝・外) 馬齢戦

スポンサーリンク

京都新聞杯2017[レース予想]

5/6(土)京都競馬場でも日本ダービーへ向けての最終便、京都新聞杯が開催されます。ダービーへの優先出走権こそ与えられないものの、その分有力馬が他のトライアルに回ることが多く賞金加算がしやすいレースといえます。過去にはこのレースからサトノラーゼンやトーセンホマレボシなど、本番での好走馬も多く輩出していますので本番へ向けても注目のレースとなりそうです。

京都新聞杯 予想【◎プラチナムバレット】

本命はこの馬にした。2走前の毎日杯では後に皐月賞を制するアルアインの4着に入り、重賞でも十分に通用する力があることを証明して見せました。そして前走のはなみずき賞では、若葉Sで2着した評判馬のエクレアスパークルを競り負かして勝利しており、毎日杯4着の実力を改めて見せ付ける格好となりました。折り合いに難がなく操縦性の高いところは、どんなレースにも対応できる柔軟性があるということでもあるので、距離が延びても十分に対応できると思います。今回のメンバー構成なら勝ち負けも十分に期待出来るはずで、本命評価としました。

京都新聞杯 予想【○インヴィクタ】

対抗はこの馬としました。ここまでの戦績の中で大きく崩れたのはスタートで後手を踏んでしまった札幌2歳Sのみで、それ以外は距離、コース問わず安定して走れている点は好材料。瞬発力があるタイプではなくどちらかといえば長くいい脚を使うタイプの馬なので、ゆったり追走できる今回の2200mという距離はいいのではないかと思います。前走の若葉Sは1番人気ながら3着と人気を裏切る格好となりましたが、前有利な流れで後方10番手では3着が精一杯だったと思いますし、評価を下げる必要はないのではないかと見ています。長く脚を使えるタイプなので、今回は前走の経験を生かして早めに動いていけば上位争いも十分に出来るはずで、対抗評価としました。

京都新聞杯 予想【▲ミッキースワロー】

単穴はこの馬としました。仮にこのレースがスローとなり、瞬発力勝負になった場合にはこの馬の台頭も十分にあるのではないかと思います。ここまで3戦を消化し敗れたのはデビュー戦の1回のみ。その時はスタートで後手を踏んでしまったが為に、上がり最速のタイムで駆け上がるも5着が精一杯。ただその後の2戦はスタートをしっかり決めて流れに乗り共に上がり最速での勝利と瞬発力は十分。切れ味鋭い走りは京都コースで生かされそうで、条件的には合っていると思います。一気のメンバー強化と展開の助けが欲しいことは事実でクリアすべき課題はありますが、穴としての魅力は十分で単穴評価としました。

京都新聞杯 予想【△サトノクロニクル】

この馬を4番手評価としました。勝ち星こそ未勝利戦のみですが、前走の水仙賞でも2着に敗れたものの直線の上がりは強烈で、次回以降に期待が持てる内容でした。また輸送による馬体減も影響したはずで、地元に戻って馬体が回復していれば前走以上のパフォーマンスにも期待が出来ます。兄弟にはこのレース好走経験のあるサトノラーゼンがいる血統でこのコースも合うはず。先日はサトノダイヤモンドが3着に敗れてしまい、少し勢いが停滞気味のサトノ軍団を再び勢いづかせる走りが出来るかにも注目とみて4番手評価としました。

京都新聞杯2017[馬券考察]

馬券は本命のブラチナムバレットから馬連で◎→○▲△への馬券を本線に、◎-○と◎-▲の2頭軸の馬券を併せて勝負したいと思います。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA