【函館スプリントステークス】2020 予想オッズ/出走予定馬短評
予想オッズ

【函館スプリントステークス】2020 予想オッズ/出走予定馬短評

odds_s

うまとみらいとヘッダー画像

先週の馬券の結果はいかがでしたか?
おかげさまで先週のレース結果も以下の通りと、安定の予想結果となりました。ありがとうございました。
テレビ番組でも毎週コーナーを持ち、絶賛放送中ですのでこちらもぜひご覧頂けると嬉しいです♪

好評につき今週も無料メルマガにて重賞の予想を提供させて頂きます。
【無料メールマガジンの登録はこちら】

r_bn




※当メールマガジンは、オッズや競馬そのものに影響を与えてしまう可能性がある為、毎週先着100名様限定とさせて頂いておりますので、ご了承下さい。


※大変申し訳御座いませんが100名様の弊社枠定員が埋まり次第、こちらは非表示になりますので定員の確認はこちらでご判断下さい。


※我々は的中回収実績にこだわる実績至上主義です。的中の結果もご覧になって頂ければわかると思いますが【少点数 / 配当 / 回収率】を重視し、予想信頼度の高いレースのみ配信させて頂いておりますので、弊社投資信頼度条件を満たす該当レースが無い場合は、情報の提供を控えさせて頂く場合も御座いますので、ご了承下さい。

【無料メールマガジンの登録はこちら】

r_bn

スポンサーリンク

函館スプリントステークス2020 [出走予定馬短評]

毎年函館競馬の開幕を盛り上げ、夏競馬の本格到来を告げる函館スプリントステークス。今年はG1でも人気を集めそうなダイアトニックやフィアーノロマーノなど実力馬が複数登録しており、例年以上に粒ぞろいのメンバー構成。これらの馬が中心となり、上位拮抗のオッズ形成になってきそう。

函館スプリントステークス2020 予想オッズ/ダイアトニック(2.8倍)

前走・高松宮記念(G1)は、降着となった馬から直線で大きな不利を受けて不完全燃焼の3着。不利がなければ1着もあった内容で走っており後味の悪いレースとなった。とはいえ、G1で勝ち負けできる能力があるのを再認識できたのは大きく、今回は仕切り直しの1戦。G3クラスなら格上といえる地力&実績を持っており、秋の大目標に向けて好発進を期待したい。オッズは、2倍台が予想される。

函館スプリントステークス2020 予想オッズ/フィアーノロマーノ(4.9倍)

マイラーズC(G2)では馬場入場後に右前肢跛行で直前除外となってしまったが、そこに至るまでの臨戦過程は阪神C(G2)2着&阪急杯(G3)2着と短距離路線で大活躍。マイルG1での大敗ぶりから、やはりこの馬の適性は1400m以下がベスト。今回は初1200m挑戦となるが脚質自在で先行力も備える器用なタイプ。今年飛躍が期待される快速馬で、スプリント戦でも好勝負必至。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

購入馬券で迷ったら…
こちらのサイトでは毎週末、重賞の予想を提供してくれます。

競馬サイトでは業界唯一【iBOOK・kindle】の出版許可を取り、競馬サイト初の電子書籍「週末にひとりで稼ぐ方法」を出版してるサイトです。
さらには競馬サイトでは審査が降りない【YAHOO!ウォレット】も業界初導入されています。
アマゾンとヤフー公認の優良サイトですので、競馬サイトは怪しいと思ってる方も安心してご利用できるのがいいですね。
今週末より重賞の無料情報が提供されますので、無料情報でお楽しみ下さい。

ターフビジョン 直近6ヶ月実績
購入額:236,900円
払戻額:4,572,210円
収支:+4,535,310円
回収率:1830%

ターフビジョン 登録はこちら

函館スプリントステークス2020 予想オッズ/ライトオンキュー(6.5倍)

前走・京阪杯(G3)では、中団待機から鮮やかな直線一気を決めて初重賞制覇。5走前にスプリント路線に専念して以降は最低着順4着と抜群の適性を発揮しており、重賞クラスでも堅実に結果を残している。血統的に成長力があり、洋芝適性を備えている可能性大。今回の内容次第ではスプリントに遅咲きの新星誕生となる。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

函館スプリントステークス2020 [狙い目となる穴馬は?]

函館スプリントステークス2020/アリンナ

前走・バーデンC(3勝クラス)は、直線上がり最速の末脚を繰り出し快勝。2戦連続で馬券対象となったのは2歳時以来で、目下絶好調といえる状態。毎年のように北海道シリーズに参戦しており、昨年の函館では3戦して5着・3着・4着と全て掲示板を確保する安定感を発揮。昨年と比較しても今シーズンは明らかに上り調子ゆえ、重賞クラスでも大駆けに期待したい。

函館スプリントステークス2020/ダイメイフジ

近走ではダート戦が続いていたが、長期間にわたり芝短距離重賞で勝ち負けしてきた実力馬。昨年もこのレースに参戦しており4着善戦。洋芝適性の高さも証明済みで、5戦ぶりの距離短縮もプラス要素。中間調教でも軽快な動きを見せており、調子も上向き。スムーズに先行できれば上位争いできる地力は維持しており、久々の芝復帰戦で人気を落としそうな今回は馬券妙味あり。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA