函館記念 2018 予想オッズ | 機は熟したトリコロールブルー1番人気 | 本気競馬
予想オッズ

函館記念 2018 予想オッズ | 機は熟したトリコロールブルー1番人気

odds_ss

函館記念 2018 [予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 性齢 厩舎
3.4倍 トリコロールブルー 牡4 友道 康夫
5.1倍 スズカデヴィアス 牡7 橋田 満
6.5倍 ブラックバゴ 牡6 斎藤 誠
8.3倍 サクラアンプルール 牡7 金成 貴史
10.4倍 ブレスジャーニー 牡4 佐々木 晶三
12.6倍 ナイトオブナイツ 牡5 池添 兼雄
16.8倍 エアアンセム 牡7 吉村 圭司
24.3倍 クラウンディバイダ 牡5 斎藤 誠
28.9倍 マイネルハニー 牡5 栗田 博憲
42.7倍 カレンラストショー 牡6 橋口 慎介
56.4倍 ヤマカツライデン 牡6 池添 兼雄
62.1倍 ナスノセイカン 牡6 矢野 英一
81.6倍 エテルナミノル 牝5 本田 優
96.3倍 カデナ 牡4 中竹 和也
162.5倍 ゴールドサーベラス 牡6 清水 英克
280.4倍 ロジチャリス 牡6 国枝 栄

※倍率は2018/7/9現在の予想数値

函館記念 2018 [出走予定馬短評]

函館開催のメインといえる伝統のハンデ重賞・函館記念。2012年以降、ダービーフィズなど3頭がこのレースを制した勢いでサマー2000シリーズのチャンピオンとなっており、今年もシリーズ制覇を目指す好メンバーが揃った。過去10年で1番人気が0勝に対して2~4番人気が9勝している顕著な結果も出ており、今年の1番人気がどの馬になるのかもデータ的に気になるところ。

函館記念 予想オッズ/トリコロールブルー(3.4倍)

年明けから、飛鳥ステークス(1600万下)と大阪城ステークス(OP)を強い内容で連勝を飾ると、前走の鳴尾記念(GⅢ)も重賞常連の好メンバーを相手に3着善戦。3歳時にクラシック戦線で活躍を期待された素質馬が、順調に力をつけて軌道に乗ってきた。1週前調教でも函館Wコースで一杯に追われ軽快な動きを見せており、調整過程は順調そのもの。鞍上にもルメール騎手を確保しており、初重賞制覇へ向けて機は熟した。1番人気が予想され、オッズは2倍から3倍台となってきそう。

函館記念 予想オッズ/スズカデヴィアス(5.1倍)

前走の新潟大賞典(GⅢ)では、22回目の重賞挑戦にして悲願の初制覇。ここ数戦は好調時の動きが戻ってきており、7歳にして再度充実期を迎え始めた印象。北海道シリーズは初参戦になるが、どの位置取りからでもレースができる器用なタイプなので小回り洋芝もこなしてくれそう。ハンデ戦ゆえ斤量設定は気になるところだが、今の勢いなら重賞連勝も視野に入ってくる。オッズは、4倍から7倍台が予想される。

函館記念 予想オッズ/ブラックバゴ(6.5倍)

今年緒戦の中山金杯(GⅢ)では、直線鋭い伸びで先頭に迫り僅差の4着。ここ数戦はラスト3F最速タイムを連発しており、直線一気の競馬が板についてきた様子。昨夏に参戦した函館・五稜郭ステークス(1600万下)では洋芝適性を感じさせる走りで完勝しており、コース替わりもプラス材料。2走前のアンドロメダステークス(OP)で負かした2着馬ストロングタイタン・3着馬メドウラークが、その後に重賞制覇を飾っており、今回はこの馬の番になるかもしれない。オッズは、5倍から7倍台が予想される。

↓↓このレースの「穴馬」とは?↓↓

函館記念 2018 [狙い目となる穴馬は?]

クラウンディバイダは、前走の巴賞(OP)では好ダッシュからハナをきりゴール直前まで先頭争いを演じる粘り腰で僅差の4着。同脚質のヤマカツライデンやカレンラストショーとの兼ね合いがポイントになりそうだが、すんなり先手が取れる展開に持ち込めば、斤量減を活かして前走以上にしぶとい脚を使って上位進出を狙えるはず。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA