シンザン記念 2018 予想オッズ | 安定感随一ファストアプローチ1番人気 | 本気競馬
予想オッズ

シンザン記念 2018 予想オッズ | 安定感随一ファストアプローチ1番人気

odds_d

シンザン記念 2018 [予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
3.5倍 ファストアプローチ 56.0kg/牡2 藤沢 和雄
3.8倍 エアアルマス 56.0kg/牡2 池添 学
5.4倍 カシアス 57.0kg/牡2 清水 久詞
6.2倍 スターリーステージ 54.0kg/牝2 音無 秀孝
7.8倍 アーモンドアイ 54.0kg/牝2 国枝 栄
15.8倍 カフジバンガード 56.0kg/牡2 松元 茂樹
22.1倍 ヒシコスマー 56.0kg/牡2 清水 久詞
28.3倍 プリュス 54.0kg/牝2 松永 幹夫
36.9倍 ブランモンストル 56.0kg/牡2 中尾 秀正
42.8倍 スカイルーク 56.0kg/牡2 羽月 友彦
56.2倍 スカーレットカラー 54.0kg/牝2 高橋 亮
66.4倍 ツヅミモン 54.0kg/牝2 藤岡 健一
72.8倍 ソイルトゥザソウル 56.0kg/牡2 高市 圭二
86.3倍 ベルガド 56.0kg/牡2 森田 直行
92.4倍 イルルーメ 56.0kg/牡2 高市 圭二
110.8倍 マイネルエメ 56.0kg/牡2 宮 徹
132.9倍 クリノイダテン 56.0kg/牡2 谷 潔

※倍率は2017/12/29現在の予想数値

シンザン記念 2018 [出走予定馬短評]

今年のシンザン記念は、登録段階の全17頭のうち牝馬が5頭もエントリーしている珍しい状況。過去にはジェンティルドンナやジュエラーがこのレースでの好走をきっかけにクラシック戦線で活躍しているため、牝馬にも一定の警戒が必要か。オッズ的には、前走・朝日杯FS組を中心とした上位拮抗ムードになってきそう。

シンザン記念 2018 予想オッズ/ファストアプローチ(3.5倍)

前走・朝日杯FSでは差し追い込み馬が上位進出する流れの中、道中2番手から早め先頭で見せ場をつくる6着と上々の走り。決め手にはやや欠けるものの、札幌2歳ステークス2着や芙蓉ステークス2着など距離・展開・コースを問わず結果を残し続けている安定感は大きな魅力。大型馬だけに休み明けを1度叩いた上積みは大きく、相手関係も楽になった今回は重賞初制覇に向けてチャンス到来。オッズは3倍から4倍台となってくる。

シンザン記念 2018 予想オッズ/エアアルマス(3.8倍)

新馬戦ではスムーズに進路を確保できず脚を余すかたちの2着だったが、未勝利戦ではその鬱憤を晴らすかのように直線突き抜ける圧巻の内容。ラスト3F33.8の瞬発力はもちろん、ラップタイムも優秀で時計面でも評価できる走り。血統的にはダートも視野に入るが、芝で通用するスピードを備えており重賞級の能力も秘めている。前走内容から1勝馬の中では最上位の支持を集めそうで、オッズは3倍から4倍台になってくるはず。

シンザン記念 2018 予想オッズ/カシアス(5.4倍)

朝日杯FSでは、好位追走から直線しぶとい粘りを見せて7着善戦。圧勝した勝ち馬には離されたが2着馬とは0.2秒差に踏ん張っており、1600mの距離に目処を立てた収穫ある内容だった。函館開催で2連勝して重賞制覇したように早い時期から競走馬としての完成度が高く、経験の浅い馬の多いこの時期の重賞なら存在感十分。引き続きマイル戦なら勝ち負け可能で、オッズは4倍から7倍台をつけてきそう。

↓↓このレースの「穴馬」とは?↓↓

シンザン記念 2018 [狙い目となる穴馬は?]

牝馬が多数登録しているなかでも、アーモンドアイには要注目。新馬戦では位置取りが後ろ過ぎた影響もあり勝ち馬にうまく逃げられてしまったが、未勝利戦では直線軽く仕掛けただけで先頭に並び後続を突き放す圧勝劇。将来性のありそうなスケールの大きい走りを披露しており、牡馬混合重賞であっさり勝っても驚きのない潜在能力がある。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA