【2016 札幌日刊スポーツ杯】 予想オッズと出走馬短評 | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【2016 札幌日刊スポーツ杯】 予想オッズと出走馬短評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016札幌日刊スポーツ杯 [出走馬短評]

昨年は後の重賞馬トゥインクルが勝ったように、以前の短距離戦から再編され長距離条件レースとなった札幌日刊スポーツ杯。

長距離戦になったことが、今年も面白いメンバーが揃う契機になったことだろう。

1年を通してレース選択が難しいのが長距離馬。一戦たりとも落とせない気合のぶつかり合いになる。

特に注目したいのが菊花賞も視野に入る3歳馬勢。

札幌日刊スポーツ杯 予想オッズ:ウムブルフ(2.5倍)

昇級初戦のウムブルフだが、年初には京成杯で1番人気だった素質馬。

ディープインパクト産駒らしい切れ味抜群の末脚で勝負する馬。

距離が伸びた前走で快勝できたのは強調材料。

菊花賞を目指すなら、ここでは落とせない。

札幌日刊スポーツ杯 予想オッズ:リアルキング(8.3倍)

ウムブルフが昇級初戦なのに対して、現級で3着4着と数字を残しているのがリアルキング。

スピードを活かした快速逃げを打っても切れない無尽蔵のスタミナが魅力。

ここもウインヴォラーレとの兼ね合いさえクリアすれば、比較的楽に進めることが濃厚なだけに、優位なペースを刻めそうだ。

札幌日刊スポーツ杯 予想オッズ:ウインヴォラーレ(10.2倍)

リアルキングとの兼ね合いはあるにしろ、こちらも快速を活かしたい。

距離が伸びる毎に内容を残しているのは好材料。

叩き2戦目の上積みで、昇級初戦の壁を突破したい。

札幌日刊スポーツ杯 予想オッズ:スズカヴァンガード(20.8倍)

現級勝ち実績、1600万条件2着もあっただけに、最近の凡走は力を出し切れていない証拠。

前走は粘り強く先行して3着。

ローテーションがキッチリ整えられなかったのが凡走の原因だとすれば、叩いたここは激走の可能性大だろう。

2016 札幌日刊スポーツ杯[レース見解]

どの馬も決め手に欠けるが、世代間の差を考えれば3歳勢を上手に取るのが賢明か。

距離適性はクリアしているだけに、ウムブルフは勝ち上がれれば菊花賞でもチャンスがありそうだ。

好位から差せるだけに、今回も一番チャンスが有る。

※画像参照元:netkeiba.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA