【2016 桂樹杯(M3) 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 桂樹杯(M3) 予想】 レース展開と馬券考察

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016 桂樹杯 [レース予想]

真夏のターフに刻み込め、歴戦の貫禄!

盛岡の芝マイルで行われる重賞・桂樹杯。

昨年の勝ち馬ボストンリョウマはハイペースのなか中団脚を溜め、直線一気の末脚で先行馬を丸呑みにした。

1番人気ライズラインが4着に敗れた事で馬券は大荒れ。

三連単は2,056,420円と夏のビッグボーナスとなった。

今年はペースも落ち着きそうで、有力どころが好位安定の競馬が得意な事から、昨年同様の事態にはなりそうにない。

きっちり当てに行きたいレースだ。

桂樹杯 予想【◎ ブレイズアトレイル】

名牧場・ノーザンファーム出身で、JRAでも活躍を見せていた同馬。

現在、盛岡の芝は2戦2連対と上々の成績を収めている。

前走のせきれい賞出走取り消しは気になるところではあるが、レースが難しい展開となったため、不出走だったのはかえって好都合と言えるかもしれない。

芝のマイルはこの馬にとってベストの舞台で、名手・村上忍騎手ならまず勝ち負けだろう。

展開も向きそうで、本命に抜擢だ。

桂樹杯 予想【○ ダイワマッジョーレ】

言わずと知れたJRAの重賞ウィナーだが、盛岡初戦を回避、次走のダート戦を凡走するなど、実績的には一番であるが調子に疑問符のつく同馬。

今回は芝替わりなので対抗以下には落とせないが、58kgの斤量と初コースをきちんとこなせるかが勝負の鍵になるだろう。

とは言え、急激に衰えるような血統背景でもなく、G1連対経験も持つ馬。

地力の高さを信頼して対抗に指名した。

桂樹杯 予想【▲ エゴイスト】

今回、敢えて狙ってみたいのはこの馬。

盛岡の芝は2戦2勝で、牝馬の2kg減の恩恵を受けるのも気になる同馬。

昨年とは打って変わって落ち着いた展開になりそうで、逃げまくって短距離で勝ち抜いてきた同馬のスタイルが、逆に功を奏する場面も想定できる。

マイルすら初めてなほど短距離嗜好だが、血統的にはこなせるはずで、新味に期待したい。

桂樹杯 予想【△ ロケットボール】

盛岡の芝は2-2-1-0と得意舞台にしている同馬。

芝では常に人気を背負い、負けてもコンマ2秒差以内と抜群の安定感を誇っている。

また、勝ち鞍が共にマイルで、今回の舞台では無様な競馬はできないところ。

直線まで我慢する事が多いため、今回のペースが鍵だが、持ちタイムや末脚も随一のものを持っている。

連馬券には欠かせない一頭だ。

2016 桂樹杯 [馬券考察]

馬券は馬複。

流しで◎ー〇▲△の計3点で勝負する!

桂樹杯は8月14日、盛岡競馬第10レース、16時50分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

※画像参照元:netkeiba.com/盛岡競馬

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA