【2016小倉記念(G3)】1番人気10連敗中!波乱を巻き起こす注目馬情報! | 本気競馬

【2016小倉記念(G3)】1番人気10連敗中!波乱を巻き起こす注目馬情報!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

過去10年で1番人気が10連敗中の波乱の重賞小倉記念。
今年も12頭が登録してきたものの抜けた存在は不在で
それこそ波乱の匂いがカナリする高配当必至の重賞になりそう。
ともなれば波乱を巻き起こすであろう馬はしっかりとチェック
しておく必要があると言えるでしょう!

人気になりそうなのは近走重賞で好走しているダコール
昨年2着のベルーフといったあたりだろうがそういった人気馬のチェックは
他にお任せするとして、ここでは波乱を巻き起こしそうな人気薄が予想される
いわゆる穴馬をチェックしていくことにしましょう!

漸く復調の兆し!1昨年の小倉記念2着馬は小倉巧者!

マーティンボロは一昨年に重賞を2勝している実績馬も長期休養を
挟んだ後に結果が出なくなってしまっているのが現状。
ただ、ここ数戦は全く見所がないわけでもなく七夕賞は先行して見せ場。
3走前の東京新聞杯でも末脚に見所があるなど徐々に復調の気配を見せている。
今回は3勝を挙げている相性抜群の小倉コースでのレースとなる。
一変するならばこの舞台と言わんばかりの小倉記念となるだけに
ここはこの馬はマークしておくと面白いかもしれない。

逃げ馬は忘れた頃にやってくる。らしさ戻ったここ2戦!

メイショウナルトはここ最近はめっきり結果が出ていないが
ハナにも行かず、この馬の競馬を全くできていなかったのも確か。
それがここ2戦、鳴尾記念・七夕賞と自分のレースを貫こうという
姿勢が見えているのはなんとも不気味。
前走の七夕賞は1000m57.9のハイペースに巻き込まれたのも一因。
それこそ全くのノーマークで逃げに持ち込めた場合にあっと驚く逃げ切り。
これを狙ってみる手は十分なのではないだろうか。
小倉3勝の小倉巧者の逃げに一票投じてみるのも面白い。

小倉コースは連対率100%!コース替わりで一変か!?

ウインリバティはオープン入りした昨年秋からの成績は散々たるもの。
牝馬限定戦でさえ勝負にならないのだからここは静観と見るのが妥当。
なのだが、穴を狙うならばこういったタイプである。
当然軽ハンデが見込めるし、なんといっても小倉コースは(3.1.0.0)と
3勝2着1回。連対率100%と圧倒的に相性のいいコースなのである。
人気薄にでもなろうものなら是非とも抑えておいたい1頭となることだろう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA