【2016 ノースクイーンカップ(H2) 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 ノースクイーンカップ(H2) 予想】 レース展開と馬券考察

北の大地に舞う夏、女王の覚醒が今始まる!

ヒダカソウカップの再戦ムードが漂うメンバー構成。だが距離はその際よりも200m伸びて、展開も変わって来そうだ。先手を主張しそうなのはサンバビーンで、同馬は前年の優勝馬でもあり、得意舞台での連覇を狙って出走してきた。歴代優勝馬を見ると、1800mに距離が変更されてからはショウリダバンザイが3連覇するなど、適性が求められる舞台になったと言えそう。単純にヒダカソウカップの再現と見るのは早計だ。

ノースクイーンカップ 予想【◎サンバビーン】

門別の5戦中、唯一の1着が昨年のこの舞台。他4戦は全て4着以下だが、それもダートグレードレースや同営記念など、強豪とばかり戦ってきた事が影響しており、悲観するには及ばない。前走はヒダカソウカップを1番人気で5着と敗れたが、そもそもこの馬にはマイルの流れは合わないようだ。中距離に戻る今回は、昨年優勝の実力を存分に発揮できるはず。叩き2戦目でカンが戻れば尚更有力な一頭だ。

ノースクイーンカップ 予想【○ ジュエルクイーン】

2走前、ヒダカソウカップの優勝馬である同馬が対抗だ。この際はサンバビーンが飛ばし気味にハナに立ったのも同馬には好影響だったが、前走ハイペースに巻き込まれて失速している事を考えると、やはり番手で競馬をしたいところだろう。そして今回はサンバビーンが壁を作ってくれそうな事からも競馬はしやすいはずだが、ヒダカソウカップの時よりも流れが緩くなりそうな為、その分サンバビーンとの差は詰めにくい展開となりそう。仕掛けどころで伊藤騎手には、難しい判断が迫られる一戦となりそうだ。

ノースクイーンカップ 予想【▲ タイムビヨンド】

ヒダカソウカップの2着馬であるが、同馬はその後のレースを優勝し、現在波に乗っている。その前走の特別戦では、1番人気を背負って中団からレースを運び、徐々にポジションを押し上げて、最後は上がり最速でまとめるというソツのない競馬を見せた。現在4歳であるが、伸びしろから言っても注目の存在で、上記2頭をまとめて交わすシーンも考えられる。ただ、ペース的に今回は前回以上の競馬が求められそうで、同馬の底力が試される一戦となりそうだ。

ノースクイーンカップ 予想【△ フィーリンググー】

前走ヒダカソウカップでは6着と振るわなかったが、持ち味である好位競馬が出来なかった事も影響したようだ。ただ今回は前がそう速くなりそうに無いので、外枠からのスタートであっても脚を使わずに先行可能と見て、同馬を連下に抜擢した。門別では新馬戦以来勝ち星が無いが、川崎で条件戦を連勝してきたスピードは侮れない。距離も未知数だが、その分新味に期待できる。まだ4歳で、母父スマートボーイが得意としていた右回り平坦1800mなら、盲目的な期待とも言えないはずだ。

ノースクイーンカップ 予想 [馬券考察]

馬券は馬複。流しで、◎~〇▲△の計3点で勝負!

ノースクイーンカップは7月21日、門別競馬第12レース、20時35分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA