【2016函館記念(G3)確定ハンデ】予想オッズ人気上位馬に不安!? | 本気競馬

【2016函館記念(G3)確定ハンデ】予想オッズ人気上位馬に不安!?

波乱の匂い漂う函館記念のハンデが確定したが、この確定ハンデに
一喜一憂する陣営、そこから見えてくるレースの核心に迫る。
予想を的中させる上でこの動向はまさに要チェックと言えるでしょう。

ハンデ57kgは微妙に重い?重賞の壁にぶつかる可能性。
1番人気が予想されるレッドレイヴンは前哨戦の巴賞を制して
この函館記念で悲願の重賞勝利を狙っているがハンデ57kgは
他との比較では見込まれた感が強い。
オープン特別3勝はあるものの重賞では未だに連対経験すらない。
にもかかわらず、重賞勝ちのあるダービーフィズ他と同斤量と
いうのはやはり見込まれたと言っていいのではないだろうか。
重賞ではどうしても一押しが足りない馬ではあるが今回も同様、
このハンデが災いとなって終いの伸びが一伸び足りなく2.3着。
なんていう場面が十分に考えられる確定ハンデとなってしまった。

想定通りの斤量も他馬との比較で陣営はニンマリ。
マイネルミラノは想定通りの56kgというハンデとなったが
ダービーフィズ、レッドレイヴン、トーセンレーヴといった実績馬よりも
斤量的に恩恵を受けたハンデには陣営もニンマリ。
重賞連対にオープン特別1勝、更には前走も重賞エプソムカップで3着好走。
実績的にも上位の存在にいる中では一番恵まれたハンデとなっているだけに
ここは色気たっぷりにレースに臨んでくる可能性は大と言えるでしょう。
とはいえ、この馬は敵は自分自身といったところではないでしょうか。
マイペースで揉まれずいければとにかく渋太い脚を使う馬ですが
競りこまれたりリズムを崩すと脆さを露呈するという解りやすい馬。
ここはまず第一にスムーズな競馬ができるかできないかが
レースの着順に左右するというところでしょう。

軽量は軽量もいま少し軽量を期待していたが…
前走、函館の1000万下特別を圧勝しその洋芝適性を示し、
まだまだ底を知れない魅力で人気となりそうなバイガエシは54kg。
他、実績馬に比べれば軽量は軽量ではあるが今回は準オープン昇級戦で
格上挑戦で重賞に挑戦という厳しい条件ではあるものの54kgは見込まれたか。
確かに昨年神戸新聞杯で4着という重賞実績はあるものの、
欲を言えば53kgでもという期待はあったろうが、現実はこんなものといったところか。
とはいえ、過去の函館記念はハンデ重賞とはいえ、前走1000万下特別勝ちから
馬券に絡んだ馬は過去10年でも皆無。データ的には人気になろうが消し。
という判断とはなるのだがそんなデータを覆す走りをできるかどうかは
注目してみたいところと言えるのではないでしょうか。

他にも前走巴賞組では3着ツクバアズマオーが55kgに対して
フェイマスエンドは54kgとなるなど明暗がわかれたハンデとなっていたり
それこそハンデキャッパーも丁度いいところにハンデを設定したと言えそう。

今週末の函館競馬はイベント盛りだくさんで開催されるというだけに
是非お近くにお住まいの方、函館旅行を計画されている方は
函館競馬場へ脚を運ばれてみてはいかがでしょうか?

函館記念・・・しっかりと的中させましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA