【2016 MRO金賞 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 MRO金賞 予想】 レース展開と馬券考察

金沢競馬

北陸の伝統と格式、その歴史に名を刻め!

MRO金賞は金沢3冠の第2戦。中央競馬で言えばダービーにあたるレースだ。そんなMRO金賞の前年の勝ち馬は、兵庫所属のバズーカ。距離が1900mへ変更されたばかりの中、同馬は同距離の東海ダービーの優勝馬として堂々参戦し、向こう正面からの長いスパートを成功させて鮮やかな勝利を飾った。この距離経験は活きた感じで、出走馬のローテーションには特に注意が必要だろう。

MRO金賞 予想【◎ エイシンニシパ】

前走は今回よりも30m短い兵庫ダービーで、僅差で優勝を逃した悔しい一戦だった。その走破タイムは2分01秒6で、前年のバズーカの優勝タイム2分04秒7と比較してみても、十分優勝が狙える位置にいる事が分かる。レース運びにもソツが無く、好位で運んで長く良い脚を使えるタイプ。前2回が兵庫所属馬が優勝を決めている通り、このタイプの走りで園田で結果を出してきた馬は、金沢にぴったりと合うはずだ。前に行く馬も少なく、展開的にも優位に立てそう。今度こそ3冠重賞に名を刻みたい。

MRO金賞 予想【○ ザウアー】

前回優勝馬バズーカと同じく、東海ダービーで距離経験を積んで来た同馬が対抗だ。結果こそ3着だったが、勝ったカツゲキキトキトは、愛知のエースで抜けた存在だった。それを思えば3着も上等で、次走は距離短縮で3着とまた敗れたものの、距離を戻して今回こそは上位進出のチャンスと見た。3歳馬ながら既にセン馬で、一戦毎に全力を尽くすのみの同馬。出身牧場名同様、サンシャインの如くこの重賞で光り輝く事が出来るか。

MRO金賞 予想【▲ スマイリーキュート】

金沢1冠目の北日本新聞杯こそ3着に敗れたが、その後の2戦もAクラスで連続連対中と、調子落ちは見られない。前走では対抗馬ザウアーを3馬身突き放して快勝しており、父ソングオブウインドに似た好馬体も目を引く。成長曲線も父に似ており、夏は牝馬の格言を体現して一気の戴冠も夢ではない。内目をロス無く回れる事も距離延長の今回は優位で、好枠を引き当てた運も味方し、この第2冠をもぎ取るか。

MRO金賞 予想【△ ハードルソング】

デビュー以来7戦して1度も掲示板を外していない、笠松の秘密兵器だ。父オレハマッテルゼの血統通り短距離で結果を残しているが、母父フレンチデピュティのダート適性も生きているのを見ると、マイル~中距離も何とかこなせるのではと思い連下に指名した。笠松以外の経験も、マイル以上の距離経験も皆無だが、1400mで1分28秒4の走破タイムは中々のスピード。先行か逃げを得意とし、今回は同型不在。昨年2~3着馬はいずれも先行粘り込みなのを踏まえると、連下であれば期待も持てると判断した。

MRO金賞 予想 [馬券考察]

馬券は馬複。流しで◎~〇▲△の計3点で勝負!

MRO金賞は7月5日、金沢競馬第11レース、17時50分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA