【2016 クイーンカップ(SP3)予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 クイーンカップ(SP3)予想】レース展開と馬券考察

クイーンカップ2016本気2

秋に咲く華となるために、一途な想いで走り抜け!

クイーンカップの前年の勝ち馬はメモリードルマン。
先を行く2頭を見ながら3番手追走の競馬で、3コーナーから進出を開始すると、4コーナーから一気に加速してそのままゴールを駆け抜けた。
競馬のお手本とも言うべき好内容で、走破タイムは1分41秒4。
今年もこのような競馬が出来る馬に、女王のタイトルが相応しかろう。
展開的には各馬適度にばらけそうで、タイムは前年並みが予想される。

クイーンカップ 予想【◎ キタノアドラーブル】

◎はキタノアドラーブル。
ついにチャンスが来た。
東海ダービーでは離されはしたものの、愛知のエース・カツゲキキトキトを相手に5番人気で2着と奮戦、のじぎく賞では好メンバーとの対戦となり、4着と及ばなかったが、牝馬の中では上位の実力を示した同馬。
勝ちきるまでは行かないものの、ただの善戦馬というには高いレベルで走っており、今回は牝馬同士の戦いで、しかもこれまでよりもメンバーは手薄。
歯がゆい競馬が続いてきたが、5戦3勝2着1回と得意の笠松で重賞ウィナーの仲間入りを果たす。
同馬と最も相性の良い大畑騎手を鞍上に迎え、臨戦態勢は整った。本命は譲れない。

クイーンカップ 予想【○ メガホワイティ】

○はメガホワイティ。
メンバー中随一の、笠松4勝を誇る同馬が対抗だ。
ここ2戦は駿蹄賞、東海ダービーとビッグレースを連戦して来たが、さすがにカツゲキキトキトの背中を追い越す事は出来なかった。
それでもこのローテーションを使える事は同馬の充実の証でもあり、◎キタノアドラーブル同様、このメンバーなら無様な競馬はしない。
事実3走前は名古屋ではなく笠松の重賞・新緑賞で、カツゲキキトキトに0秒9差と、得意舞台では強敵相手にも差を詰めて見せている。
やや乗り難しい面も見られるが、東川騎手も良く手の内に入れており、必ず実力は発揮する。
道中からのまくりで先団を一気に飲み込むか。

クイーンカップ 予想【▲ ヘイハチハピネス】

単穴▲にはヘイハチハピネス。
笠松は5戦5連対。
ここに来て頭角を現してきたが、前走巌立峡特別では当該コースを1分41秒8で2着するなど、今回の予想Vタイム並みの時計は既に計時している。
前につけて伸びやかなスピードを披露するタイプで、展開的にも同型があまり見当たらない今回は、前走の再現ができればそのまま勝負になりそうだ。
藤原幹生騎手とは笠松移籍後の5戦全てでコンビを組んでおり、信頼感も抜群。
上記2頭を脅かす存在となりそうだ。

クイーンカップ [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで◎~▲の計3点。

クイーンカップは6月29日、笠松競馬第10レース、16時10分発走予定。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメント

  1. 匿名 より:

    ヘイハチハピネス笠松

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA