【2016宝塚記念(G1)追い切り診断】動き絶好の狙い馬はこの馬! | 本気競馬

【2016宝塚記念(G1)追い切り診断】動き絶好の狙い馬はこの馬!

宝塚記念の直前追い切りが栗東トレセン・美浦トレセンで実施されました。
G1レースだけにどの馬もしっかりと仕上げてきている感はありますが、
その中で特に予想する上でチェックしておきたいのはどの馬なのか?
宝塚記念で注目すべき馬を確認していきましょう!

キタサンブラック 栗東CW 81.5 66.9 52.9 38.8 12.0 馬なり 併せ併入
いつも通り、レース1ヶ月前からコースに入れての調整を重ねてきた。
その動きはラスト1Fで11秒台を連発しているように天皇賞(春)のときより
動きに鋭さが加わってきているのは確かと言えるのではないだろうか。
G1勝ちが菊花賞と天皇賞(春)ということでステイヤーという意識に
競馬ファンもなってしまっているかもしれないが、この馬の母の父は
サクラバクシンオーであることを今一度再確認しておきたい。
距離の不安もない筈であり、この動きならば春のG1連勝の可能性も十分でしょう。

ドゥラメンテ 美浦南W 68.7 53.5 39.0 12.5 G前追う 併せ併入
恐らく1番人気になるだろうと言われているドゥラメンテはどうだろうか。
ドバイシーマクラシック以来の出走とはなるものの、乗り込み量も豊富。
動ける態勢にあると言っていいのではないかと思われるが、本数の割りに
負荷をかけた調整が気持ち少ないようにも思える。
これは恐らく宝塚記念後には凱旋門賞も視野に入っていることを考えると
この宝塚記念がメイチの勝負ではないということになるのではないだろうか。
良くて9割程度での仕上がりで臨んでくる一戦であると捉えておきたいが、
それでも無様な競馬をするわけにはいかない一戦であるだけに、「消し」
になる理由は見当たらない1頭ではある。

ラブリーデイ 栗東CW 83.0 67.3 52.9 39.0 11.7 G前追う
池江寿厩舎の必勝パターンともいえる、コースと坂路の併用調整。
そのいつも通りの調整をしっかりとこなして宝塚記念連覇へ
態勢は整ったと言えるのは間違いのないところではないだろうか。
今年に入って大阪杯・香港QE2と4着と奮わなかったものの、
元々はレースを使われつつ状態をあげていく馬。そう考えると
年明け3戦目となる今回、変わってきても何らおかしくない実績があるのは
昨年の宝塚記念・天皇賞(秋)を制していることが証明している。
人気薄にでもなろうものなら迷わず狙っておきたい1頭となるのではないだろうか。

他、気になる馬は下記の通りです。
アンビシャス 栗東坂路 51.2 37.4 24.7 12.6 一杯 併せ先着
ステファノス 栗東CW 83.9 66.5 51.2 37.9 11.9 馬なり 併せ先着
どちらの馬も文句なしの動きと言えるでしょう。アンビシャスも坂路で好タイム。
ステファノスは終いの伸びがとにかく目立つものであったことを考えれば
状態面に不安は見当たりません。この2頭に関しては気になるのは「距離」でしょうか。
いかに折り合ってロスなくレースを運べるかが浮沈の鍵を握っていると言えるでしょう。

宝塚記念当日のプレゼンターは笑福亭鶴瓶さんということで
それこそ宝塚記念を盛り上げてくれることを期待したいものですが
やはり馬券が当たることこそが一番盛り上がること間違いなし!

きっちりと情報を入手して宝塚記念をピッタリ的中させましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA