【2016 遠賀川賞(S2) 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 遠賀川賞(S2) 予想】 レース展開と馬券考察

スポンサーリンク
スポンサーリンク

流れるままに呼び込む勝利、勝ち運の波に乗れ!

遠賀川賞の前年の勝ち馬は3番人気のキョウワカイザー。逃げ馬を見る形で2番手で競馬を進めると、4コーナーでの叩き合いを制して、後続の追撃も振り切ってゴールを先頭で駆け抜けた。今年は昨年の半分の5頭立てという少頭数で、最内のアーサーバローズが先頭に押し出される競馬になりそう。ペースはやや緩やかになると見て、先行馬有利の予想で臨む。

遠賀川賞 予想【◎ エリモブリーズ】

前走、北山湖特別では1番人気で3着と人気を裏切ってしまったが、2走前の阿蘇山賞では佐賀のエース・キングプライドを凌ぐ最速上がりで、2着と連対確保を果たした。この走りが評価されての前走1番人気は仕方の無いところだったが、ハンデが2kg増えた事も影響したのか、伸びを欠いた印象だった。それでも後ろから追い込んでの3着は、勝ったヴィルトグラーフが楽に逃げ粘った事を考えれば、上出来と言って良い内容。2着馬とも0.2秒差と離された負けでも無い。鞍上は2戦連続山口勲騎手で、名手が同じ轍を踏む事は考えにくい。近走は先行で結果を残している事からも、このメンバーなら前目勝負で粘り込めるはずだ。

遠賀川賞 予想【○ アーサーバローズ】

佐賀競馬に移籍後はまだ未勝利の身であるが、前走では前出エリモブリーズを抑えて2着に食い込んできた同馬。先行した1・2番手が流れ込むように1・2着という結果だったが、それでも差されずに粘りとおした事実を今回は重視した。石川騎手が主戦で、佐賀移籍後は常に手綱を取っており、コンビで重賞を迎えられた事も心強い。今回も緩い流れになりそうなので、まんまと逃げ切るシーンも有りそうだ。対抗に抜擢する。

遠賀川賞 予想【▲ イタリアンネオ】

今回が佐賀移籍初戦となる同馬だが、500kgを超える大型馬で、見栄えのする好馬体の持ち主だ。中央所属時代は、3歳の未勝利戦を快勝後、若竹賞を連勝し、弥生賞にも駒を進めてきた有望株だった。その後も準オープンで元気に走っていたが、中々結果に結びつかずに今回佐賀に移籍してきた訳だが、これまで使われてきたレースは全て芝のレースであり、ダートは今回が初めて。地方の深いダートに戸惑いを覚える馬も少なくないが、体つきを見る限りダートが不向きとも思えない。いきなり快走することも十分に有り得ると見て、今回単穴に指名した。

遠賀川賞 予想 [馬券考察]

馬券は馬複を流しで、◎~〇▲の計2点。絞って勝負!

遠賀川賞は6月11日、佐賀競馬第9レース、17時10分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

※画像参照元:名古屋競馬

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA