【2016 岩手ダービーダイヤモンドカップ(M1) 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 岩手ダービーダイヤモンドカップ(M1) 予想】 レース展開と馬券考察

東北の至宝、ペガサスの羽が宙を舞う!!

岩手ダービーダイヤモンドカップの発走が迫ってきた。昨年は無敗のロールボヌールが、全く追い出すことなく2着馬を10馬身ちぎり捨て、6連勝で華々しい勝利を飾った。同馬の卓越した能力と、垢抜けた馬体なら、ダートグレードでも好勝負の予感は有ったが・・・。その後、屈腱炎を発症してしまった。こうなれば俄然、新しいヒーローの誕生に期待がかかると言うもの。これからの岩手競馬をリードするヒーローの誕生なるか、注目の一戦だ。

岩手ダービーダイヤモンドカップ 予想【◎エンパイアペガサス】

新しいヒーローに名乗りを挙げるのはこの馬だ。前走はやまびこ賞で、2強対決と目されたメジャーリーガー相手に0.1秒差で勝利してきた。タイム差こそ無かったが、手応えで常に圧倒していた感があり、内容を見れば完勝と言って良い勝利だった。デビュー時から2戦連続で2着だったが、その後は5連勝でここに臨んでいる点では、昨年の優勝馬ロールボヌールと同じ。例年の勝ちタイム2分10秒前後の時計は、この馬にとって何とも無いタイムのはず。間違いなく本命に相応しい馬だ。

岩手ダービーダイヤモンドカップ 予想【○チャイヨー】

ここに来て力を付けて来ている同馬が対抗だ。父アグネスデジタル×母父フレンチデピュティと、ダートの大舞台で実力を発揮できる血統で、前走もマイル戦で1分40秒を切るタイムで走ってきた。番手から行って、しつこく粘る末脚の持ち主で、その勝負根性にも目を見張るものが有る。牝馬とは言えこの勝ち気は、得がたい武器である。枠も内の3番で、競馬はしやすいだろう。盛岡は3戦2連対と好相性で、◎に迫るかも。

岩手ダービーダイヤモンドカップ 予想【▲リュウノファンタジ】

チャイヨーと同じく番手競馬で粘る先行馬だ。同馬は切れるタイプではない為、この脚質ははまっている。2走前はエンパイアペガサスと走って3着と敗れたが、内容は悪くなく、前走では芝のエース・サンエイゴールドとも戦って僅差の2着と健闘。内容は良化している。盛岡では勝ち鞍こそ無いが、前走の走りを見る限り心配は無用だ。ハナに行く馬が居なければ自分でペースを刻むのも有りだろう。

岩手ダービーダイヤモンドカップ 予想【△カントリーサイン】

盛岡のダートは0-0-0-5。これだけ見れば買える馬ではないが、水沢の重賞、岩手日報杯スプリングカップでは、7番人気でエンパイアペガサス相手に2着と、人気に反して快走した。ここのところは良い結果が残せていないが、爆発力は秘めている。血統的にも母系にトニービンを持ち、左回りがダメと決め付けるには早いと思われ、今回のような強敵相手で、かえってきっかけが掴めるかもしれない。連下に配置する。

岩手ダービーダイヤモンドカップ 予想 [馬券考察]

馬券は馬単。流しで◎→〇▲△の計3点で勝負!

岩手ダービーダイヤモンドカップは6月6日、盛岡競馬第10レース、16時50分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA