【2016 白藤賞】 予想オッズと出走馬短評 | 本気競馬

【2016 白藤賞】 予想オッズと出走馬短評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016 白藤賞 [出走馬短評]

先週はオークス、同日にはダービーが行われるなどクラシック真っ只中において、秋に飛躍を誓う馬たちがこのレースにエントリー。秋に向けての戦いはもうすでに始まっている。各陣営の思惑も含めて注目してみてみたい。

白藤賞 予想オッズ:サンライズクロンヌ(3.2倍)

3走前の千両賞ではのちにアーリントンCやNHKマイルCなどでも好走するレインボーラインの2着。前走のあすなろ賞では9着と敗れているが、勝ったのはスプリングSの勝ち馬マウントロブソンと重賞級の馬たち。今回は大幅に相手が弱化していることを考えれば、勝ち負けできるはず。あとは3ヶ月ぶりとなる休み明けの体調次第だろう。万全であれば、好走は必須だ。

白藤賞 予想オッズ:サラザン(4.8倍)

デビューして3戦、いまだに馬券圏内を外した事がない。セールスポイントは長くいい脚を使えること。前々走勝ち星を挙げたときのレースが理想形だろう。前走は行く馬がおらず、仕方なくハナを切る形になってしまい絶好の目標にされてしまった分3着となってしまったがあれが実力ではない。今回は前回のように逃げることはないだろう。自分の形に持ち込めればオモシロい1頭だ。

白藤賞 予想オッズ:フォーアライター(5.7倍)

この馬はデビューしてから5戦、全て1600mを使っており陣営としてもこの距離がベストだと判断しているのだろう。そしてなによりこの京都コースでは大きく崩れることなく走れているのが強み。(2.1.0.1)と好成績で、6着に敗れた際は苦手な重馬場だったので度外視可能だろう。前走も2着と好走しているし、その時の1着馬は重賞でも好走経験のある馬だったので評価して良いだろう。得意とする京都コースでもう1丁と行きたいところだろう。

白藤賞 予想オッズ:タガノヴィアーレ(8.2倍)

キャリア豊富で、紅梅Sでは先日オークスを勝利したシンハライトとも好勝負を演じていた実力馬。前走は1番人気を大きく裏切る14着と大敗しているのは気になるところだが、あれが本来の実力ではないことは明白。重賞でも掲示板を確保できるだけの実力の持ち主であれば、ここでの好走も可能だろう。この馬も切れる脚はないが、長くいい脚を使えることがセールスポイント。持ち味が発揮できるかが鍵となりそうだ。

白藤賞は5/29(土)京都競馬場で発走予定!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA