【2016オークス(G1)追い切り裏情報】予想的中直結の注目馬! | 本気競馬

【2016オークス(G1)追い切り裏情報】予想的中直結の注目馬!

スポンサーリンク

オークス2016-1
さあオークスの発走が近づいてきているが、牝馬限定戦だけに
直前の追い切りでの状態はしっかりとチェックしておく必要があるってもの。
このG1は特に出走するだけでも繁殖牝馬としての価値が上がるだけに
多少無理してでも使ってくる陣営もいるのは当然のこと。
そういった馬はバッサリ切って、当たる予想をしていこうってもんだ。

まずは人気になりそうな馬の状態チェックから。
シンハライト    
栗東坂路 53.6 39.2 25.6 12.8 馬なり 併せ先着
アットザシーサイド
栗東坂路 57.5 41.0 25.8 12.3 ゴール前追う
ロッテンマイヤー 
栗東坂路 54.7 39.7 25.7 12.8 馬なり 併せ先着
チェッキーノ    
美浦南W 69.3 53.6 39.4 12.8 馬なり

どの馬も悪いってことはまずないし、寧ろ好感をもっていいんでないのかな。
何を好感持つってオークスだからって特別な調整をするでもなく
虎視眈々といつも通りの調整パターンで追い切りを行ってきたってこと。
人気になるくらいだしそれまでの実績もあるわけで、その実績を残してきた
調整パターンで、いつも通りの動きをしているのならそりゃ「買い」ってもん。

中でもチェッキーノは目立つよな。藤沢先生の調整方法、馬なりゆったり。
これはいつものことなんだが、今回のチェッキーノ。前走を使って
スイッチ入ったっていうか中間から動きが目立っていたのが印象的だ。
距離云々の心配はあるのかもしれねーけど、出来に関しては文句なしだろう。

今年のオークスはこれら人気馬での決着となるのか?
それともとんでもない波乱になるかは五分五分っていった感じだろうが、
紐荒れでとんでもないのが突っ込んできた!ってなるならば
狙ってみたいのはこんなところ。

デンコウアンジュ  
栗東CW 68.6 52.0 37.3 11.9 馬なり
アドマイヤリード  
栗東CW 78.2 63.2 49.7 36.9 12.3 一杯 併せ先着

2頭に共通するのが、『しっかりと負荷をかけてきた』ってことだね。
デンコウアンジュはこれまでポリトラックコース併用で調整してきたが
今回はポリトラックを封印、コース追いのみで臨んでくるがこれの意味するところは
それこそメイチ勝負ってことだろうな。ポリで追う馬っていうのは基本的に
負荷のかけ過ぎを懸念したり、脚元に不安があったりする馬っていうのが普通。
デンコウアンジュも何かしら不安があったからこそポリ併用だったんだろうが
今回はそのポリトラックコースを使用していないということはそれだけ負荷をかけた
調整ができているということに他ならないだろ?
当然「オークスでメイチ勝負」これが陣営の本音ってことになるだろうな。
アドマイヤリードは・・・須貝のオッサン。1週前に芝コースなんて使って
相変わらず調整パターンは浮気しっぱなしでいつもなら「消し」って言いたい
とこなんだが、この小柄なアドマイヤリードが2週続けて一杯にビシっと追われたあたり
これだけ負荷をかけても馬体が減らないっていう裏返しでもあると考えれば
この馬に関しても「オークスでメイチ勝負」な感じをひしひしと感じるわけよ。

オークス2016

競馬っていうのは情報を持っている奴が儲かって
情報を持っていない奴が損をするマネーゲームってことくらい
誰もが知っていると思うが、スポーツ新聞やネット上に掲載されてる
ニュース、掲示板とかの予想なんて「情報」の部類にも入らないよな。
そりゃ誰もが見れるありきたりのネタなんて欲しくもなければ価値もない。

しかし、一般公開もせずに、その情報を欲する者にのみきちんと公開される
いわゆる極秘情報っていう類の情報は価値のあるモノはとことん価値がある。
欲しくても手に入らない情報だってワンサカあるわけだが、
今回、この手の情報が手に入るチャンスってわけだから確認しないわけにはいかないな。

ってなわけで、オークスは一緒にしっかりと的中させようぜ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA