【2016京王杯スプリングカップ(G2)追い切り予想】本気追い注目馬情報! | 本気競馬

【2016京王杯スプリングカップ(G2)追い切り予想】本気追い注目馬情報!

先週の新潟大賞典は追い切り注目としたパッションダンスが大激走!
かなり美味しい配当になっただけに今週もスパッと当てたいもんだよな。
というわけでまずは土曜の京王杯SC、ここメイチだろっていう馬を見て行こう。

注目すべきは安田記念のマイルは距離が長いだけにここがメイチだろっていう馬、
そして安田記念出走のためには賞金を加算したいだけにここ勝負だろって馬だろうな。

オメガヴェンデッタ 栗東坂路 52.8 38.3 24.7 12.0 一杯
終いまでしっかりと伸びて上々の動き。これはココ狙いの仕上げと言えそうだ。
鞍上の武豊も騎乗2度目で結果を残してくれそうな感はあるよな。
何よりこの馬の調教好走パターンが今回の好走を予感させてくれるぞ。
この馬、坂路で52.0以下で中間走った場合は、(1.1.1.0)と
馬券圏内率100%を記録している。言ってしまえば追い切り時計がレースに直結
っていうタイプなんだろうが、今回は1週前に坂路で51.6を計時している。
ならこの馬の連軸は鉄板ってところなのか?ちょっと期待できそうだな。

エイシンスパルタン 栗東坂路 50.7 37.0 24.2 12.2 一杯
休養を挟んで3連勝中の勢いそのままにここで坂路の自己ベストタイム。
初重賞挑戦にはなるが、3走前の東京1400m戦だけ走れば勝ち負けになっても
って感じの仕上がりってところだな。何よりこの馬にとってマイルは未経験。
現状ベストは1400mっていう感じだろうからまずはここが試金石というよりも
安田記念云々よりここに全力投球って感じがプンプンするだけに注目だな。

ロサギガンティア 美浦南W 69.4 53.0 39.3 12.9 馬なり
藤沢厩舎といえば、とにかく馬なりの調整っていうのが目立つ厩舎だが
にしては珍しくしっかりと負荷をかける追い切りも消化してきたロサギガンティア。
これまでの戦歴を見ても叩き良化型のような気もしないでもないが果たしてどうか?
この馬は1400mならば相当やれる馬だなって感じるところはあるんだが、
デムーロ騎乗で人気になるようならば悩んでしまうところ。一応抑えまでは必要か。

ちなみに、こいつは消しだなって思えたのはクラリティスカイだな。
まあ休み明けだし人気もそうでないだろうが、最終追いにポリトラックを選択。
渋ったウッドコースを嫌ったんだかなんだか真相は掴めていないが、
1週前もポリトラックで追い切ってるあたり、もしかしたら足元に不安でもあるのか。
あまり負荷をかけたくないってこともあるだろうし、なんか怪しいっちゃ怪しいな。逆にこの調整法でズバリ!なんてこともたまにはあるから大穴狙いたいなら
こういう馬を抑えとくっていうのもアリなのかもしれねーな。

さて、このレースは馬券的にどうするかってなると、
エイシンスパルタンとオメガヴェンデッタ。この2頭を軸に手広く流して高配当でも
待ってみるとするかってところだな。本線はこの2頭のワイド1点ってことにしとくか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA