【2016 駿蹄賞(SP1)】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 駿蹄賞(SP1)予想】レース展開と馬券考察

駿蹄賞2016

東海三冠第一戦、主役の活劇をとくと見よ!

駿蹄賞の前年の優勝馬は、1番人気のハナノパレード。軽快な逃げから、3コーナーでは既に勝負あったという手応えで後続を突き放し、ゴールでは8馬身差と、引き離す一方の強い競馬だった。タイム1分57秒3は、過去3年で最も早く、同馬の強さばかりが際立つレース内容だった。
今年は更に強力な本命馬の登場で、東海地方から羽ばたくような活躍が出来るかも注目される一戦だ。

駿蹄賞 予想【◎ カツゲキキトキト】

◎はカツゲキキトキト
雪で中止となった新春ペガサスカップを境に、同馬は全く別馬に変わった。次走のおしどり特別では、7番人気の低評価を覆して優勝を飾ると、その次のレースでも低評価を覆して連勝、そして次の重賞スプリングカップでも、6番人気の低評価をまたも一蹴して、8馬身もの差をつけて重賞制覇を達成した。この時破った名古屋のエース、ホウライマリーンには、次走に順延された新春ペガサスカップでも影をも踏ませず圧勝し、そして前走新緑賞でも4馬身差で楽勝と、これで破竹の5連勝を達成。
とにかく現在、ずば抜けた存在へと昇華した同馬。ここは不動の本命だ。

駿蹄賞 予想【〇 メガホワイティ】

〇はメガホワイティ
前走、新緑賞でカツゲキキトキトに4馬身差で敗れた同馬だが、前走ではついに、理想的な好位競馬をする事が出来た。中々思うように連に絡めず、歯がゆい競馬が続いていたが、ここに来て一段と逞しさを増した印象。鞍上の東川騎手の苦労もようやく実りつつある現状だ。
◎には正直及ばないだろうが、連対確保なら話は別。前走同様、しっかりと好位競馬が出来れば、結果はついてくるはずだ。

駿蹄賞 予想【▲ キタノアドラーブル】

単穴▲はキタノアドラーブル
この馬はここにきてハードな競馬が続いているが、その中で着実に結果を残している馬だ。前走東海クイーンカップでは、絶対的本命のクラトイトイトイに0.4秒差まで詰め寄り、前々走の新緑賞でも、前述2頭には離されたものの、マイルを1分42秒2の好タイムで走り抜けている。
強い馬との対戦で、スピードに磨きがかかってきた印象で、通年どおりのタイムなら足りるところまで来ている。あとは内枠を生かして上位進出を目指すのみだ。

駿蹄賞 予想【△ マイネルブルローネ】

△はマイネルブルローネ
名古屋のダート実績は6戦5連対と、優秀なコース実績を持つ同馬。JRAからの転入馬で、重賞実績などはないが、その代わりに鞍上に戸部騎手を確保できた事が大きい。戸部騎手は前年の優勝騎手でもあるが、その前年も勝っており、今回は3連覇の偉業がかかっている状態だ。先日武豊騎手が天皇賞・春7勝目を飾ったが、得意レースと言うものは騎手にもあるもの。
◎以下が混戦の今回は、騎手の注目度もアップする。波乱の立役者になれるか注目だ。

駿蹄賞 予想 [馬券考察]

馬券は馬単。流しで◎→〇▲△の計3点で勝負!本命が圧倒する!

駿蹄賞は5月4日、名古屋競馬第10レース、16時25分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

※画像参照元:名古屋競馬

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA