【2016 天王山S 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 天王山S 予想】 レース展開と馬券考察

2016 天王山S[レース予想]

ダート短距離のオープン特別。メンバーはいつも通りといった印象。素直に力通りの決着という読みで良さそうだ。

天王山S 予想【◎ ニシケンモノノフ】

昨秋の武蔵野SでフェブラリーS上位馬と差のない競馬。前走の黒船賞でも2着とはいえ、3着タールタンには2馬身半差をつけた。オープン特別のこの顔ぶれなら、地力断然。取りこぼしは許されないといったところだろう。14年10月以来となるダート1200となるが、父メイショウボーラーと本質的には短距離指向。実績も含めてそれほど心配する必要はないはず。直前の稽古も坂路で、52.7-37.4-24.0-11.9と抜群の動き。状態面の不安もない。地力を信頼。

天王山S 予想【○ テーオーヘリオス】

昇級緒戦に加えて、連戦の疲れもあった前走惨敗は、いい経験と割り切れる。それまでの3連勝は簡単にできるものではなく、やはり素質はオープン級。立て直してきた今回は変わり身に期待。

天王山S 予想【▲ サクラエール】

前2走、14着→8着とトーンダウンだが、間隔空いていた前走を叩いて本来の迫力が戻ってきた印象。1700→1400の距離短縮で頭角を現した馬。初めての1200でさらに末脚の威力が増す可能性も十分。

天王山S 予想【△ キクノストーム】

超がつくほどのハイペースに恵まれたことも確かだが、鮮やかな直線一気を決めてのカペラS勝ち。返し馬で暴走するアクシデントがあった前走は参考外。59キロは確かに酷量だが、まとめて負かすならこの馬の爆発力。

天王山S [馬券考察]

◎ニシケンモノノフの安定感を上位に取りたい。3連単1頭マルチで◎→○▲△の計36点で勝負。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

天王山Sは京都競馬場 第11レース、4月30日15時35分発走予定

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA