【2016 北斗盃 予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 北斗盃 予想】レース展開と馬券考察

ホッカイドウ三冠の第一戦、開幕を高らかに告げよ!

ホッカイドウ競馬もいよいよ開幕、その初日を飾るのがこの北斗盃だ。
前年の勝ち馬はオヤコダカで、11月の兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2)以来の実戦を、ものともせずに7馬身差で圧勝して見せた。
2番手から4コーナーでは既に先頭、後続を寄せ付けない強い競馬に、門別デビューの馬の強さをまざまざと見せ付けた格好だ。
今年も各地方を転戦してきた馬や、この開催を待っていた馬、様々な思惑が交錯し、楽しみな一戦となった。

北斗盃 予想【◎ スティールキング】

◎はスティールキング。
父シルバーチャーム×母父マキャベリアンというアメリカンテイストなダートのクラシック血統を持ち、昨年の北海道2歳優駿では、勝ち馬タイニーダンサーから0.1秒差の2着に食い下がった。このレースには羽田盃の有力馬、タービランスも出走しており、かなりハイレベルなメンバー構成でもあった。
休み明けとなるが、これは良いリフレッシュになるとみて本命に指名。先行力のある馬で、スタートを切れば実戦モードに切り替わるだろう。

北斗盃 予想【○ アンビリーバボー】

○はアンビリーバボー。
前走クラウンカップでは見せ場無く敗れたが、2走前川崎では、素質馬ディーズプリモ相手に2着と善戦している。見込まれて全日本2歳優駿にも出走した程の馬で、各地で強敵と好勝負を演じてきている。
マイルは水沢で1分41秒3の走破時計があり、ここでは上位。◎と違ってレース間隔も開いてなく、レース勘に鈍りは無い。ここは上位進出だろう。

北斗盃 予想【▲ ナイスヴィグラス】

単穴▲にはナイスヴィグラス。
前走兵庫ジュニアグランプリは、6着と勝ち馬には離されたものの、確実に追い込んでくる脚を見せたのはさすが。4着までをJRA勢が独占した事を考えれば、5着馬とタイム差無しの1分30秒6(1400m)の記録は上々の成績だ。門別では3着以内を外した事が無く、得意舞台に戻って再度、輝きを取り戻す。
距離的にはサウスヴィグラス産駒だが、母父ダンスインザダークがバックアップしてくれるはずだ。

北斗盃 予想【△ トドイワガーデン】

△にトドイワガーデン。
現在2連勝中と好調だ。とはいえ10月からの休み明けなので、現在の状態は気になるところではあるが、前走2着に負かしたウワサノモンジロウは現在南関東でも活躍しており、この馬のレベルが決して低くはない事を証明している。
インで中団待機策になりそうだが、ベテラン宮崎光行騎手なら問題なく捌くだろう。1000m~1200mまでのスプリント実績しかないが、逆に今回はそこが狙い目となる。母父フジキセキのマイル適性に期待。

北斗盃 予想 [馬券考察]

馬券は馬複。
流しで、◎~〇▲△の計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

北斗盃は4月20日、門別競馬第10レース、20時40分発走予定

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA