【2016マーチステークス(G3)追い切り予想】本気追い注目馬情報! | 本気競馬

【2016マーチステークス(G3)追い切り予想】本気追い注目馬情報!

高松宮記念の前に発走となるマーチステークス。
ファンの注目は当然G1レースということになることからも重賞としても
存在感の薄いレースとはなってしまっているが、
このレースに馬を送り込む陣営にとっては願ってもない重賞制覇のチャンス。
気持ちのこもった調整を進めている馬もいるだけにこれは要チェックだろう。

ここでは、そんな気持ちのこもった最終追い切りを消化した馬を
紹介しておくことにしよう。

中山ダート1800mで3連勝をしてオープン入り。
重賞に挑戦となるバスタータイプだがこれは連勝中の勢いそのままに
追い切りも非常に好印象で勢いの感じられる動きであった。
栗東坂路で51.8 37.8 24.8 12.5を馬なりで計時してきたが
時計的には今の栗東坂路の馬場を考えれば好タイムというレベルでも
ないのだが、良いか悪いかと言われれば良いと言えるだろう。
月1走ペースでコンスタントに使われているもののまだまだ疲れは見られないものの
陣営としてはここで結果を残すようならば1度休ませたいとも考える時期でもあろう。
そう考えるとここはメイチ勝負という気配と考えても悪くないだろう。

続いてキクノソルなんてどうだろうか。
栗東坂路 51.5 37.6 24.4 12.2をG前仕掛けでという最終追い切り。
一旦間隔をあけて立て直しての一戦となるが、
坂路での動きは寧ろ休み前よりも良好に思える。
栗東坂路で51秒台というのは前述のバスタータイプ同様に驚くものではないが
この馬が坂路で51秒台を出したのは実に昨年の夏の阿蘇ステークスで2着した以来。
その阿蘇ステークスも休み明けだったことを考えると、休み明けは歓迎のタイプなのか。
この動きの良さは大駆けの可能性もあるんじゃないかと思えるのだがどうだろう。

最後にイッシンドウタイをあげておこう。
美浦Cコースで66.9 52.3 37.7 12.5を馬なりで。
終いの動きは好印象という感じであったが、陣営もここは狙ってきてるだろうな。
去年も総武ステークスからここへ臨んで2着だったがその際の最終追い切りも
今年同様に美浦Cコースで68.5 52.1 39.3 13.8を馬なりでというタイムだった。
馬場差はあるものの、終いの脚は特に今年の方がかなりいいということは
比較して解るというところではあるがこれがこの1年でのこの馬の脚力強化と
そして今の状態の良さを物語っていると言ってもいいんじゃないだろうか。
中山はいいイメージで臨めるコースだろうしここはマークしておいて悪くないだろうな。

この3頭を馬券に絡めて買ってみようかと思うぞ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA