【2016 仁川ステークス 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 仁川ステークス 予想】 レース展開と馬券考察

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PR-

PR-

仁川ステークスを3度目の正直で制するのはこの馬だ!!

ここで使用される阪神ダート2000mのコースは、スタートしてすぐに上り坂があり、初めのコーナーまでの距離が長いため、前半から速くなることは少なく、逃げ・先行馬には比較的楽な展開になりやすいのが特徴だ。それを踏まえて予想してみたい。

仁川ステークス 予想【◎ ドコフクカゼ】

3年連続の挑戦となり、過去2年は共に2着と好走している。近走の2戦は、1番人気で共に4着と人気を裏切っているが、元来、使い減りするタイプ。今回の短期休養明けがプラスとなる。同馬がフレッシュな状態で挑んだレースは、好走する傾向にあり、ここ2年の間で2か月以上の休養明けで出走したレースは4回。結果は1着1回2着3回の抜群の安定度。今回も2か月以上の短期休養を挟んで挑むだけに、注目だ。

仁川ステークス 予想【○ ミヤジタイガ】

前走のアルデバランステークスは、11着と大敗したが、ここ4戦で掲示板を外したのは、そのアルデバランステークスのみ。高い安定度はここでも通用すると見る。早熟馬が多いネオユニヴァース産駒で明け6歳だが、見限るのは早計と見る。

仁川ステークス 予想【▲ キングノヨアケ】

前走の総武ステークスを11着と大敗しているが、前々走の好メンバーが集まった1600万下の北山ステークスを逃げ切っており、リズムよく走れば強い。不安要素は、ムラ駆タイプであること。全成績は、4,1,0,11と安定感に欠けるところがあるが、先行馬が有利な阪神2000mのダート戦だけに一発に走りに期待したい。

仁川ステークス 予想【△ アポロケンタッキー】

ここ3走は、1着2回、2着1回と本格化を感じさせる充実度。前走の1600万下の金蹄ステークスでは、コンマ7秒差で圧勝しており、ここでも十分通用する。展開が向けば、圧勝があっても不思議ではな好調時の外国産馬は、買えが日本競馬の鉄則。単勝で狙っても面白い存在だ。

仁川ステークス [馬券考察]

馬券は、馬連でドコフクカゼからミヤジタイガ、キングノヨアケ、アポロケンタッキーの3点アポロケンタッキーの単勝の計4点で勝負。

仁川ステークスは阪神競馬場 第11レース、3月12日15時35分発走予定

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA