【2016小倉大賞典(G3)追い切り予想】本気追い勝負馬情報! | 本気競馬

【2016小倉大賞典(G3)追い切り予想】本気追い勝負馬情報!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小倉大賞典(G3) 本気追い勝負馬情報

フェブラリーステークスの直前に重賞があるっていうと競馬ファンは馬券買うんか?G1の陰でひっそり行われる小倉の冬の風物詩、小倉大賞典だが、追い切りの動きを見れば狙いたくもなる馬が結構いるってもんだ。

小倉大賞典 勝負馬:マイネルフロスト/コスモソーンパーク

小倉競馬といえば滞在馬の活躍が目立つところでもあるが、開幕週から早くも小倉に滞在させて勝負をかけようとしている関東馬(岡田軍団)2頭。こりゃマジな参戦だってことがよくわかるよな。

マイネルフロスト   小倉ダート 68.1 53.4 38.8 11.9 馬なり
コスモソーンパーク 小倉ダート 69.3 54.6 39.9 11.9 馬なり

岡田総帥は佐賀記念のマイネル3頭出しでも獲れなかった重賞、ここでなんとか獲ってやろうって虎視眈々なんでないのかな。コスモは小倉コースにも実績あるし、マイネルフロストはトップハンデに見合う
実績を持ってる馬だ。先週は蛯名が感触を確かめる為に追い切り騎乗しているし、こりゃちょっと怖い存在になるんでないか。

が、しかしここはもっと注目しておきたい2頭がいるわけだ。

小倉大賞典 勝負馬:レッドアリオン/アルバートドック

レッドアリオン   栗東坂路 50.9 37.0 24.3 12.4 馬なり
アルバートドック  栗東CW 83.1 67.2 52.3 38.3 12.5 一杯

レッドアリオンの坂路50秒台は評価できるし、アルバートドックはこれまでになく負荷をかけてビッシリ調整してきている。中間に4本の強い時計を出してきたのはこれまでにないトレーニング方法だ。この2頭、間違いなく本気追いしてきているぞ。

というのもレッドアリオンの橋口先生もアルバートドックの松田博先生も今週で引退の調教師さんだ。つまり厩舎もこれをもって解散。ってことは出走する馬はメイチで勝負しないでどうするのってことになるわな。引退のはなむけに重賞制覇を狙うなんて当然のことだろうし、その裏づけがこの稽古の好時計や内容に出てきてるってわけだな。

こりゃあこの2頭も注目しないわけにはいかないってことになるし、アルバートドックに関していえば鞍上の川田は佐賀出身で九州地元騎手だからな。そりゃ燃えるだろうし何より先週レーヴミストラルの京都記念で本当は松田博先生に、重賞勝ちをプレゼントしたかったんだろうが雨に泣いたからな。これが最後のチャンスになるだけに相当燃えてるんじゃないのか?こりゃもう狙わないわけにはいかないってことになると思うぞ。

小倉大賞典(G3) 追い切り予想

というわけで岡田軍団の2頭とこの引退調教師の2頭、それに1.2頭加えた馬の
BOX馬券で小倉大賞典は大穴狙いっていうのも面白いかもしれないな。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA