【特報】日経新春杯(G2)/京成杯(G3)オフレコ馬券予想情報 | 本気競馬

【特報】日経新春杯(G2)/京成杯(G3)オフレコ馬券予想情報

先週のフェアリーSのオフレコ馬券情報の記事を参考にした奴、
美味しい馬券をたらふく獲れたんじゃねーのか?

中山地元・ダイワ大城オーナーの2頭出し激勝負。
見事に2.3着と2頭とも馬券に絡む活躍で、
3連単792.7倍の高配当を余裕の的中

要はオーナー絡みの関係者情報、一般メディアや紙面では絶対に漏れることのない
言ってしまえばオフレコ情報を握ってる奴はこんな美味しい配当を
意図も簡単に的中できたっていうハナシなわけだ。

払い戻し4
とはいえ、関係者の思惑だけで馬券を買っていても思惑通りにいかないこともある。
そんな思惑の中からマジで勝負になりそうな馬を厳選して馬券を買うのが
こういった馬券戦略の上では重要になってくるっていうことだろうな。

そんなフェアリーSのオフレコ馬券情報を確認して馬券を買った奴からは
・3連単2頭軸マルチで30点、1点1000円投資して79万円の払い戻し。美味しすぎます。
・まさかダイワ2騎がともに突っ込んでくるとは思いませんでした!疑ってすいません。
・これが本当のオフレコ馬券の威力ってやつなんですね!確認してよかったです。
・次もオフレコ馬券情報があるときはヒントだけでもいいから絶対に教えてください!

なんてまあ、やっぱり一般競馬ファンからすればこの手の情報は大興奮の情報に
なるってことをご理解いただけたことは何よりだったな。

で、今週末に開催される日経新春杯と京成杯に関してもアノ男にオフレコ馬券情報はないか
チラっと聞いてみたんだが、どうやらあるみたいだぞ。
やっぱりあの社○グループと太いパイプがあり、トレセン内での話題や噂も筒抜け状態で把握。
言ってしまえば競馬情報の裏ネタのデパートとでも言える存在のアノ男だけに
相当いいネタを今週末も握ってるみたいだな。

何でも1月の重賞っていうのは関係者間でもお正月のお年玉・年始の挨拶ってことで
出走馬をやりくりすることもあるみたいだが、フェアリーS同様に美味しい馬券にありつける可能性は
非常に高いと思ってくれていいってことだ。

先週同様の事情で、その答えをドーンとここで公開するわけにはいかない。
まあ無料でこういう美味しいネタを手にしようとする奴はこの世にわんさかといるからな。
そういう奴らが公開した買い目にハイエナのようにがっつくと配当妙味が崩れるどころか
オッズ異常となってそれに気づいた関連関係者が作戦変更を余儀なくされることもある。

京成杯(G3)
ケルフロイデプロフェットメートルダールキャロットファームが3頭出し
中でもメートルダールは前走、葉牡丹賞で後方一気のかなり派手な勝ちっぷり。
力がなければできない芸当でもありここを勝ってクラシックへと陣営も意気込む。
とはいえ、ケルフロイデにプロフェットも前走5着とはいえ素質を感じさせる馬。
ここは3頭で表彰台独占を狙ってるんじゃないかっていう噂もあるが果たして?

日経新春杯
京成杯がキャロットファームなら、日経新春杯はサンデーレーシング
レーヴミストラルベルーフがここに出走してくる。
レーヴミストラルは金鯱賞8着も距離不足もあったようで、最適距離の
2400mという条件でかなり陣営も力の入る一戦となりそうだな。
ベルーフは中山金杯がまさかのアクシデント。まあそれで人気を落とすようなら
力はある馬だけにあっと驚くおお駆けがあっても驚けなくもないよな。

キャロットとサンデーRが中山と京都で使い分け、同日重賞制覇を狙っている。
っていう考え方もできるだろうが、日経新春杯には
メイショウウズシオにメイショウカンパクという2頭出しをメイショウ松本オーナーが敢行。
これがどうにも匂うってわけだがこの2頭がいることで展開面に影響が出るのか出ないのか。
しいては、社台の思惑通りになるのかならないのかっていうことにもなるだろう。

先週の3日間開催はかなり難しいレースが多かったようにも思えるが、
言ってしまえばどんなに難しかろうが波乱の結末になろうが、
情報を握っている奴はしっかりと勝っている。寧ろ美味しい配当にありつけている。
それだけ競馬っていうのは情報を持っている奴が勝てるギャンブルだってことだろ。

ま、そんなこって、今週末もオフレコ馬券情報で予想もバッチリ!
ガッツリ競馬を楽しもうぜ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA