【函館記念】2020 予想オッズ/出走予定馬短評 | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【函館記念】2020 予想オッズ/出走予定馬短評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

odds_s

うまとみらいとヘッダー画像

先週の馬券の結果はいかがでしたか?
おかげさまで先週のレース結果も以下の通りと、安定の予想結果となりました。ありがとうございました。 テレビ番組でも毎週コーナーを持ち、絶賛放送中ですのでこちらもぜひご覧頂けると嬉しいです♪

好評につき今週も無料メルマガにて重賞の予想を提供させて頂きます。
【無料メールマガジンの登録はこちら】

r_bn

※当メールマガジンは、オッズや競馬そのものに影響を与えてしまう可能性がある為、毎週先着100名様限定とさせて頂いておりますので、ご了承下さい。
※大変申し訳御座いませんが100名様の弊社枠定員が埋まり次第、こちらは非表示になりますので定員の確認はこちらでご判断下さい。

※我々は的中回収実績にこだわる実績至上主義です。的中の結果もご覧になって頂ければわかると思いますが【少点数 / 配当 / 回収率】を重視し、予想信頼度の高いレースのみ配信させて頂いておりますので、弊社投資信頼度条件を満たす該当レースが無い場合は、情報の提供を控えさせて頂く場合も御座いますので、ご了承下さい。

【無料メールマガジンの登録はこちら】

r_bn

スポンサーリンク

函館記念2020 [出走予定馬短評]

函館開催において最も盛り上がるメインレース、伝統のハンデ重賞・函館記念。2003年以降1番人気が勝っていないデータがあったが、昨年は1番人気マイスタイルが長きにわたるジンクスを破って快勝。今年もそれに続く馬がでるか、例年通りの波乱決着か注目が集まる。今年のメンバーを見渡すと、傑出馬不在で混戦模様。良血馬や巴賞好走組が人気の中心となりそうだが、実力拮抗で差のないオッズ形成になってくる。

函館記念2020 予想オッズ/カウディーリョ(4.8倍)

前走・メトロポリタンS(L)は、中団待機から直線鋭く伸びて4着。勝ち馬から0.1秒差でこの馬自身ラスト3F33.4の脚を使っており、負けたのは展開のアヤといえる内容。2走前・関門橋S(3勝クラス)では逃げて完勝しており、十分に重賞で勝ち負けできる地力はつけている。洋芝は過去2戦2勝と適性抜群。名牝ディアデラノビアの仔がここで初重賞制覇するようなら、今後の芝中距離戦路線も盛り上がってくる。オッズは、4倍から7倍台が予想される。

函館記念2020 予想オッズ/レイエンダ(5.5倍)

前走・エプソムC(G3)は、不良馬場の影響もあってか道中後方の位置取りから伸びを欠いて見せ場なく10着。ただ強さと脆さを併せ持つこの馬にとって、負けパターンのときはこんなもので評価を落とすほどの内容ではない。今回は洋芝2戦2勝と相性の良い舞台に替わって前進必至。引き続き鞍上にもルメール騎手を確保しており、良血馬復活に向けて好走できる条件は揃った。オッズは、4倍から7倍台が予想される。

購入馬券で迷ったら… こちらのサイトでは毎週末、重賞の予想を提供してくれます。 競馬サイトでは業界唯一【iBOOK・kindle】の出版許可を取り、競馬サイト初の電子書籍「週末にひとりで稼ぐ方法」を出版してるサイトです。 さらには競馬サイトでは審査が降りない【YAHOO!ウォレット】も業界初導入されています。 アマゾンとヤフー公認の優良サイトですので、競馬サイトは怪しいと思ってる方も安心してご利用できるのがいいですね。 今週末より重賞の無料情報が提供されますので、無料情報でお楽しみ下さい。

ターフビジョン 直近6ヶ月実績
購入額:236,900円
払戻額:4,572,210円
収支:+4,535,310円
回収率:1830%

ターフビジョン 登録はこちら

函館記念2020 予想オッズ/トーラスジェミニ(6.5倍)

前走・巴賞(OP)では、先行争いを制してハナに立つと直線でも脚色衰えず鮮やかな逃げきり勝利。2走前・エプソムC(G3)でも逃げて18人気3着と好走しているが、これがフロックではないことを証明した強い内容。近走結果からも中距離路線の逃げ馬として本格化してきた気配があり、ここでも上位争いするようならサマー2000シリーズの台風の目になってきそう。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

函館記念2020 [狙い目となる穴馬は?]

函館記念2020/ベストアプローチ

2年2ヶ月ぶり復帰戦となった前走・巴賞(OP)では、勝負所でややもたつくも直線メンバー最速の上がりタイムをマークして6着。長期休養明けとしては十分すぎるほど見どころのある走りで、今後に期待の持てる上々の内容だった。久々をひと叩きして状態面の上積みは確実。青葉賞(G2)2着実績もあるほどの素質馬ゆえ、調子さえ戻れば人気上位馬たちをまとめて負かせる能力は秘めている。

函館記念2020/バイオスパーク

OPクラスに昇級後は4着&2着と善戦。特に前走・都大路S(L)では、道中3番手から直線上がり最速級の脚でまとめるそつのないレース運びをして2着好走。近走はどの位置からでも終いの脚を堅実に使えるようになっており、大崩れの心配がないのは頼もしい限り。函館は3歳夏以来で3戦1勝だが、父母ともにパワーを備えた血統背景で洋芝適性に不安なし。今回は初重賞挑戦となるが、前々から粘り込んで実績馬たちに先着する場面もありそう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA