菊花賞2019予想/こじはる3連単5頭BOX本命は? | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

菊花賞2019予想/こじはる3連単5頭BOX本命は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

kojiharu_3rentan5toubox

うまとみらいとヘッダー画像

先週の馬券の結果はいかがでしたか?
おかげさまで先週のレース結果も以下の通りと、安定の予想結果となりました。ありがとうございました。 テレビ番組でも毎週コーナーを持ち、絶賛放送中ですのでこちらもぜひご覧頂けると嬉しいです♪

好評につき今週も無料メルマガにて重賞の予想を提供させて頂きます。
【無料メールマガジンの登録はこちら】

r_bn


うまとみらいと101920

※当メールマガジンは、オッズや競馬そのものに影響を与えてしまう可能性がある為、毎週先着100名様限定とさせて頂いておりますので、ご了承下さい。
※大変申し訳御座いませんが100名様の弊社枠定員が埋まり次第、こちらは非表示になりますので定員の確認はこちらでご判断下さい。

※我々は的中回収実績にこだわる実績至上主義です。的中の結果もご覧になって頂ければわかると思いますが【少点数 / 配当 / 回収率】を重視し、予想信頼度の高いレースのみ配信させて頂いておりますので、弊社投資信頼度条件を満たす該当レースが無い場合は、情報の提供を控えさせて頂く場合も御座いますので、ご了承下さい。

【無料メールマガジンの登録はこちら】

r_bn

スポンサーリンク

菊花賞 2019 こじはる3連単5頭BOX予想

2019/10/20(日)開催 菊花賞 が発走されます!

こじはるさんの予想はどうなるでしょうか?

「3連単5頭BOXならだいたい当たる~」の名言でおなじみ我らが馬好き女神「こじはる」こと、
小嶋陽菜先生はどのような予想を出してくれるのでしょうか!?

購入馬券で迷ったら…
こちらのサイトでは毎週末、重賞の予想を提供してくれます。

競馬サイトでは業界唯一【iBOOK・kindle】の出版許可を取り、競馬サイト初の電子書籍「週末にひとりで稼ぐ方法」を出版してるサイトです。
さらには競馬サイトでは審査が降りない【YAHOO!ウォレット】も業界初導入されています。
アマゾンとヤフー公認の優良サイトですので、競馬サイトは怪しいと思ってる方も安心してご利用できるのがいいですね。
今週末より重賞の無料情報が提供されますので、無料情報でお楽しみ下さい。

ターフビジョン 直近6ヶ月実績
購入額:236,900円
払戻額:4,572,210円
収支:+4,535,310円
回収率:1830%

ターフビジョン 登録はこちら

・こじはる予想

こじはる 菊花賞 3連単5頭BOX予想

こじはるさんの3連単5頭BOX予想は、CX系「馬好王国~UmazuKingdum~」にて発表予定。

本命 5番ワールドプレミア
3連単5頭BOX
 2.ニシノデイジー
 5.ワールドプレミア
 7.ヒシゲッコウ
14.サトノルークス
15.ホウオウサーベル

2019年こじはる 3連単5頭BOX予想、、果たして結果は?

●こじはる予想結果はページ下です

菊花賞2019 [注目馬考察]

菊花賞2019出走予定馬/ヴェロックス

秋緒戦の神戸新聞杯2着。ほぼ馬なりで上がり32秒3をマークしたサートゥルナーリアには完敗だったが、こちらも32秒5としっかり伸びた。相手が悪かっただけで、今回はその天敵が不在。母セルキスは独オークストライアルのディアナトライアル (芝2000m)の勝ち馬で、その父は多数のクラシック勝ち馬を送るドイツ競馬の至宝モンズーン。血統的に距離延長は好材料と言えそう。最後の1冠はこの馬。

菊花賞2019出走予定馬/ワールドプレミア

神戸新聞杯3着で優先出走権を確保。馬群に入れず、どうしてもロスの多い競馬になりがちだが、前走は勝ったサートゥルナーリアと同じ、上がり32秒3。机上の計算とはいえ、位置取り次第ではもっと肉薄できたとも言える。ズブさを覗かせる馬だけに、距離は長ければ長い方がいいタイプ。鞍上のファインプレーにも期待したい。

菊花賞2019出走予定馬/オセアグレイト

結果的に重賞の壁とも言えるセントライト記念14着だが、間隔が空いていたことも影響したか。加えて小回り2200m。2400m→2600mで連勝してきただけに、距離短縮も堪えた感。前走がいいガス抜きになったと見れば、当然3000mの今回はこの馬のステイヤー気質を見直すべき。雨が降れば信頼度も増す。

菊花賞2019出走予定馬/タガノディアマンテ

未だ1勝馬だが、皐月賞6着、ダービー9着を含め、ここまで2桁着順が一度もない馬。ラストは必ず脚が使えるタイプで、折り合いも不問。兄2頭(タガノトネール・タガノエスプレッソ)は、芝・ダート1600mの重賞勝ち馬だったが、こちらはスタミナ型。如何にも3000mが合う印象。競馬に無欲はないが、穴馬はこんなタイプ。

菊花賞2019[今後の動向]

ダービー1、2着に加えて、サートゥルナーリアも中距離路線へ。手薄になった感が強いが、反面どこからでも入れそうな一戦に。。

こじはる3連単5頭BOX予想結果

惜しくも1頭足らずでした・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA