【大阪杯2019予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【大阪杯2019予想】レース展開と馬券考察

スポンサーリンク

yosou_grade

大阪杯2019[レース予想]

主導権を握るのはキセキ。今回も中盤からペースを上げて行く『肉を切らせて骨を断つ』逃げだろう。これをマークする形でエポカドーロが追走し、アルアイン、ダンビュライト、スティッフェリオ、エアウィンザーが好位へ。サングレーザー、ステイフーリッシュがその直後を追走し、ペルシアンナイト、ブラストワンピース、ワグネリアンが中団。ムイトオブリガード、マカヒキが後方から。最後は消耗戦に。

大阪杯2019 予想【本命◎ エポカドーロ】

前走の中山記念はハイペースの3番手追走。脚が溜まる場面がなかったことも確かだが、久々で息が保たなかったと見るべきだろう。元々が叩き良化型でもあり、状態は間違いなく前走以上。コーナー4つの芝2000mは皐月賞を含め、2戦2勝。ここまでベスト舞台に使えなかっただけとも受け取れる。変わり身があるなら今回。

大阪杯2019 予想【対抗○ ブラストワンピース】

有馬記念は自ら位置を取りに行っての快勝。鞍上池添騎手の執念が実ったとも言える内容だったが、それに応えた馬も立派。内外の違いはあれど、好時計勝ちだった毎日杯を見れば阪神も問題なし。巨漢馬でも久々は2戦2勝と負け知らず。強い4歳馬の代表格として、ここは負けられないところ。

大阪杯2019 予想【単穴▲ ステルヴィオ】

中山記念は、エポカドーロと同じく脚を溜める場面がなかったが、ラストは鋭く伸びて3着確保。少し太目残しだったことを思えば、上々の滑り出しとも言える。2000mまでなら問題なくこなせるし、丸山騎手も2度目の騎乗。瞬発力が要求される流れと見れば、マイル王のこの馬に出番。

大阪杯2019 予想【特注☆ アルアイン】

皐月賞後はどうも伸び悩む現状だが、昨年の大阪杯は小差3着。常に1秒差以内にまとめており、展開ひとつでいつでも逆転できる計算。ブリンカーを着用しても勝負所でモタついた前走だが、今回はさらに慣れが見込める2戦目。これがキッカケになるようなら。

大阪杯2019 [馬券考察]

  • 本命◎:4エポカドーロ
  • 対抗○:7ブラストワンピース
  • 単穴▲:12ステルヴィオ
  • 特注☆:3アルイアン

波乱指数【20】

G2時代から1番人気が強く、G1昇格後の前2年も1番人気が快勝。波乱は見込めない。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番3.4.7.12の4頭BOX。計6点で勝負!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA