【ダービー卿CT2019予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【ダービー卿CT2019予想】レース展開と馬券考察

スポンサーリンク

yosou_grade

スポンサーリンク

ダービー卿CT2019[レース予想]

ここも迷いなく、マルターズアポジーの逃げ。前走は消極的な競馬だったマイスタイルが先行し、エイシンティンクル、フィアーノロマーノ、ヤングマンパワー、ジョーストリクトリ、ギベオン、ダイアトニックが好位集団を形成。ドーヴァー、ダイワキャグニー、ロードクエスト、プリモシーン、ヒーズインラブが中団で脚を溜め、カツジ、キャプテンペリー、ハクサンルドルフが後方から。ハイペースで推移し、差し馬も届く流れ。

ダービー卿CT2019 予想【本命◎ カツジ】

前走のレース終了後のコメントを見ると、意識的に動かしたとのことだが、3角から一気に捲って行っては最後に脚が残らないのは当然。少し勿体ない競馬になったことは確かだが、あれだけ強引に動かして行けば馬自身に気も入ってきたはず。中山160mはニュージーランドT勝ち、マルターズアポジーが居ればペースも緩まない。ズバッと差す。

ダービー卿CT2019 予想【対抗○ ドーヴァー】

追い出されると一気に弾けた前走は、楽に重賞級の競馬。2連勝とここに来ての勢いが目立つし、馬体もボリュームアップ。今が充実期と言ったところだろう。ハンデ56キロは見込まれた印象だが、馬格のある馬。特に問題にはならないか。

ダービー卿CT2019 予想【単穴▲ ジョーストリクトリ】

12番人気快勝後だけに取捨に悩まされるところだが、この中山芝1600mで2戦2勝と負け知らず。正攻法の競馬で押し切った内容からも、よほどこの舞台との相性がいいのだろう。斤量は据え置きの56キロ、相手関係は厳しくなるが、再度好走も十分。

ダービー卿CT2019 予想【特注☆ エイシンティンクル】

前走はスタート後手が敗因のすべて。モロさ同居は全兄エイシンヒカリと同じだが、ツボに嵌まった際の強さも兄同様。4走前にインディチャンプを退け、関屋記念では0秒2差3着と好走。スタートさえ決まれば、ここでも十分通用の能力はある。

ダービー卿CT2019 [馬券考察]

  • 本命◎:11カツジ
  • 対抗○:4ドーヴァー
  • 単穴▲:1ジョーストリクトリ
  • 特注☆:15エイシンティンクル

波乱指数【70】

過去5年で1番人気はわずか2連対。ハンデ戦らしく波乱含みの一戦で、今年も中心馬不在。穴狙いで。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番1.4.11.15の4頭BOX。計6点で勝負!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA