【大阪杯2019予想オッズ】 | 本気競馬

【大阪杯2019予想オッズ】

スポンサーリンク

odds_ss

スポンサーリンク

大阪杯2019 [出走予定馬短評]

春の芝中距離最強決定戦としてG1昇格し3回目を迎えた大阪杯。ドバイ遠征組や復活したダノンプレミアムの名前こそないが、それでもG1にふさわしい実力馬揃いで豪華なメンバー構成。注目は4歳となり今年初戦を迎えるグランプリホース・ブラストワンピース&ダービー馬ワグネリアン。どちらも休み明けで人気集中とまではならないが、この2頭を中心に上位拮抗のオッズが形成されてくる。

大阪杯2019 予想オッズ/ブラストワンピース(2.9倍)

前走・有馬記念(G1)では、抜群の手応えで直線坂を駆け上がると、そのままレイデオロ追撃を退け悲願の初G1制覇。ただ菊花賞の敗戦や新潟記念の圧勝を考慮すると、やはりこの馬にとってベストは2000m前後とみるべき。前走から距離短縮はプラス材料で休み明けも問題ないタイプ。昨年の最優秀3歳牡馬が今年初戦にどんな走りをするのか要注目。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

大阪杯2019 予想オッズ/キセキ(4.5倍)

前走・有馬記念(G1)は、スタートで後手を踏み外枠から強引にハナを奪うため脚を使ってしまう誤算。それでも直線失速せず5着に踏ん張っており、ジャパンC(G1)での超絶レコードがフロックではないことを証明した力強い走り。逃げ馬として覚醒し始めた今の状態なら、菊花賞制覇以来の久々のG1勝利も目前に迫っている。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

大阪杯2019 予想オッズ/ワグネリアン(5.7倍)

昨年秋は神戸新聞杯(G2)を快勝してダービー馬の貫禄を示すも、その後は体調が整わず天皇賞秋を回避して年内休養。幸い故障があったわけでなく、このレースに向けて帰厩後の調教は順調そのもの。阪神は2戦2勝とコース実績も文句なし。約半年ぶりの復帰戦のぶっつけG1で不安もあるが、強い4歳世代のダービー馬として期待は大きい。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

大阪杯2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はエアウィンザー。前走・金鯱賞(G2)では、初めて一線級のメンバーと手合わせして3着。ただ実績乏しい左回りかつ進路選択でスムーズさを欠いた内容のため、この1戦で評価は落とすのは早計。阪神芝2000mは2走前・チャレンジC(G3)で、直線突き抜け圧勝したベストの舞台。本格化した現状においてG1に通用する能力があるのは明白。前走敗退で少しでも人気を落とすようなら再度狙う価値はある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA